書店をたずねて三千里

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

書店員から版元営業に転職

タイトルのような方が、最近我々出版業界では増えているように最近感じる。

何を隠そう私もそうで、昨年入社した同じ小社営業部のYもそうなのだが、他の版元の営業マンでも実は「元書店員」という方に最近よく出会う。

そして、だいたいその元書店員の書店員時代の仕事に対する姿勢に、共通していることがあることに私は気付いた。
その二点とは、決して書店の仕事が嫌いで辞めたわけではない、ということと、接客が好きだったということ、この二点だ。

書店員を辞めた理由は人それぞれだと思うので、あえてここでは書かないが、書店員の仕事を辞めて、何が一番日々物足りなく感じることかというと、書店員をやっていたころは毎日「ありがとうございました」とお客様に向かって心からお礼の言葉を、大きな声で発していたということが、今は無くなってしまったことだということに、辞めてしばらく経ってから私は気付いた。本当に接客が好きだったのだ。まあたまに、とても意地の悪いお客様から嫌な目にあわされることはあったけど、それは僅かで、ほとんどのお客様はいい人が多かったと思う。あと書店員の喜びといえば、刷り上がって間もない、あらゆる版元のあらゆるジャンルの本を最初に目にすることができることぐらいだろうか。

「え〜そんな心からお礼の言葉なんて、書店員が言ってるの?」などと懐疑的に思う人もいるかもしれないが、私の知り合いの元書店員の版元営業に訊くと、だいたい同じような答えが返ってくる。自分が並べた本を買ってくれたお客様には自然と心から「ありがとうございます」という言葉が出てきたものだ。自分が愛する本達を、同じく愛するお客様が店頭に訪れて、本を選んで買って行ってくれることが本当に、素直に嬉しかったから。ただそれだけのことだと思う。

でも、そんな風に素直に見ず知らずの他人に、心から「ありがとうございます」と毎日何十回も言葉を発する機会は、書店員を辞めた今はほとんどないと思う。他の小売業もそうかもしれないが、小売業の良さってそういうところにあるのかもしれない。

今は出版社で営業をしている私が感謝の言葉を発する時は、書店に営業で訪問して、書店員の方に、積極的に注文をいただいた時だろうか。それは、あくまで「積極的」であって、「無理矢理」とか「しぶしぶ」とか、「惰性でなんとなく番線捺しちゃった」とかではなく、「この本ならお客さんが買ってくれるかもしれないから注文したい」とか、「これは面白そうだから売りたい!自分も買いたいと思うし!」とか、そんなふうに書店員が思ってくれる本を提案営業できて注文が出た時に心から「ありがとうございます」と書店員に言える時だ。

その一瞬の喜びを追い求めて積み重ね、前に進むための力としている、版元営業42歳口べた営業マンの、苦悩と喜びの繰り返しの日々は、まだまだ続く。

【文責 春日俊一】