書評・広告掲載本

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

【書評】『ダイムノヴェルのアメリカ』ーー「ミステリマガジン」「神奈川大学評論」、「新潟日報」「静岡新聞」にて

『ダイムノヴェルのアメリカ』の書評が「図書新聞」(2014.7.12)「ミステリマガジン」(2014年7月号)、「神奈川大学評論」(77号)、「新潟日報」(2013.12.25)「静岡新聞」(2014.2.9.)に掲載されました。

◆「ダイムノヴェルの物語群を、登場する人物や、ストーリーが含む「人種観」「ジェンダー観」「階級観」といった分析概念で読み解くと、その時代、その属性がどういった観念を持っていたかが浮き彫りになるとともに、例えばポリティカル・コレクトネスのような、現在の価値観だけで作品を評価することには無理があるという「歴史的限界」もハッキリと示していることを、本書の分析は教えてくれるのである」(評・堀江耕「図書新聞」2004.7.12)

◆「……こんなに愉快な小説群があったのかと、啓蒙されることしきりだ」(「ミステリマガジン」2014年7月号)

◆「多彩な物語を系統的に分析し、物語が大衆の意識形成に果たした役割を解き明かした本書は、アメリカ文化研究書として比類なきものである」(評・前田陽子「神奈川大学評論」77号)

◆「先住民に捕われるものの無垢のまま救い出される白人女性、貧しいワーキングガールを救うのは金持ちとの結婚―。ステレオタイプのストーリーを読む意義は、その意識構造が今も続いているからだと著者は言う。」(「新潟日報」2013.12.25、「静岡新聞」2014.2.9)

978-4-7791-1942-2-202x300.jpg

※本書の詳しい内容は画像をクリックしてください。