お知らせ

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『金洙暎全詩集』が図書新聞(1/16付)にて大きく書評されました。

kimusuyonzensishuu.jpg

韓国現代詩史上に輝く民衆の詩人(民主詩人)の魁となった金洙暎の全てを収載。「詩のテーマは自由である。それは初期から死ぬ直前の詩まで、粘り強い探究対象をなし」、その営為と彼の詩的試みは新たな地平を拓いた。

「本書『金洙暎全詩集』は在日の戦後世代2人によって翻訳されたが、訳文は日本語としてよくこなれており、読みやすい。そして訳者は、底本にしている民音社の『金洙暎全詩集』も未発見だった作品「音楽」までも探し出して収録し、訳注も入れて読者の便に供している。こうした細部まで行き届いた訳業をもとに、この詩人は今後ますます日本で知られてよいだろう。」(図書新聞1.16より)