イケ彩ダメ彩

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

『天皇ごっこ 見沢知廉・たった一人の革命』10月29日より新宿K’s cinemaにてロードショー!

_______________.jpg

〈敵〉がわからなければ教えてやる!

繰り返される危険な遊戯
革命という快楽の酔いしれた男の46年

先日、この映画の試写会に、配給会社の太秦株式会社の小林さんからご招待をいただきまして、新橋駅から歩いてちょっといったところのガード下の地下にある怪しい(?)試写室にさっそく観にいきました。

見沢知廉氏と一緒にスパイ粛正事件に関わった設楽秀行氏の証言は重かったですが、生々しい証言に非常に考えさせるものがありました。事件当時、知廉氏が所属していた一水会のリーダーで弊社から著書を多数執筆されている鈴木邦男氏も出演され、事件直後の新右翼・一水会で、幹部達の間でどのような話し合いがなされたのかを証言されています。

わたしは知廉氏の『天皇ごっこ』を20代の終わり頃に読んで、かなり衝撃を受けたことを覚えています。小説の中の『天皇を殺せ! 何が「あっそう」だ!!」という台詞が出てきて、当時まだウブなわたしはとても驚いたことを覚えております。この映画は知廉氏に深く関わった人物の証言がメインになっておりますが、最初と最後に出てくる知廉氏の肉声には鬼気迫るものがあります。

わたしは、見沢知廉氏とかなり近しい人とは知り合いだったのですが、結局お亡くなりになるまでにお会いすることも叶いませんでした。残念ですが、逆に素の知廉氏を知らないことで、この映画でより知廉氏の真実を見れたような気もします。

試写会には、最近鈴木邦男さんのトークライブで知り合った、この映画にもいろいろ協力され、知廉氏の作品を後世に残そうと尽力されている劇団再生の高木尋士さんと、この映画で知廉氏の双子の妹という設定で出演されている劇団再生の女優の、あべあゆみさんもいらして、この映画についてと、先日劇団再生で演劇化された「天皇ごっこ」についてお話させていただきました。あべあゆみさんが演劇の中で『天皇を殺せ!』と何度も叫ぶシーンがあるのですが、あべあゆみさんのような若い女性にその台詞をいわせた高木尋士さんのすごいですが、堂々と叫ぶあべあゆみさんもすごいですねえ。驚きました。演劇だから堂々と叫ぶことができるんでしょうけど(笑)

試写会終了後は監督の大浦信行さんともお話させていただきました。今度弊社から著書を出されている元連合赤軍兵士の植垣康博氏と対談するということで、さっそく後日植垣氏の著書を贈呈させていただきました。大浦監督は画家でもあるのですが、かつて「大浦・天皇コラージュ事件」という天皇陛下をコラージュした作品を発表して世間を震撼させた、恐ろしい(?)方ですが、実際本人にお会いしたら、穏やかで優しそうな方でした。

若輩者でたいした知識も無く何者でも無い自分がこういった方々と知り合えてお話できて、やはり連合赤軍関連書を出し続けた彩流社で働いていてよかったと久しぶりに(笑)思えた一日でした。

知廉氏が目指した革命とは何だったのか、ぜひ興味のある方は劇場へ!!

【文責:春日俊一】