ほんのヒトコト

最新の記事5件

このコーナー内を検索

月別一覧

第25回 アルムサーラ (Almuzara) 社「フラメンコ・コレクション」のこと
──岡住正秀〔訳者〕(『そしてカルメンはパリに行った』)

著者シュタイングレスは、30年前からセビーリャでフラメンコ研究に携わり、刷新されたフラメンコ学を牽引してきた社会学者。従来の色あせた感のあるフラメンコ学(フラメンコロヒーア)、いわゆるアフィシオナード(おもに愛好家あるいはフラメンコ実践家など)が打ち立てたフラメンコ観に対しては適度の距離をおく著者は、数多くの優れた研究書で知られます。

わたしたちが訳出した作品は、バイレ・フラメンコ生成に、その発祥の地アンダルシアだけではなく、ヨーロッパ・レベルの国境を越えたトランスカルチュラルな文化的混淆の次元があったことを実証的に解き明かしてくれます。数年前に原著を手にしたとき、正直なところ驚きました。従来のフラメンコの書には、文化史的・社会史的な次元が欠落していましたが、本書は19世紀前半のヨーロッパのロマン主義、スペインとフランス両国の民衆趣味・ジプシー趣味をしっかりと踏まえて、ボレロ流派の変容からバイレ・フラメンコ生成への流れが記述されます。本論に先立つフラメンコ研究史の批判的検証(第1章)も本書のメリットでしょう。アンダルシアをフィールドに社会史・地域研究に携わってきた私にも、十分に納得できる内容でした。フラメンコの学問的理解には必読の書だと信じます。また、舞台がヨーロッパ文化の中心、花の都パリの劇場ですから、フランス文化(とくに音楽・舞踊・演劇)に興味ある方々にもお薦めしたいものです。

本書はアルムサーラ出版社の「フラメンコ・コレクション」最初の作品。その後に同社から刊行された図書のいくつかを目に通し、あらためてフラメンコの奥の深さを痛感させられます。昨年、同社編集者と会う機会がありました。彼が「イチオシ」の『ガルシア・ロルカの光に照らされたフラメンコ』(アグスティン・ゴメス:1912年)をいただきました。それ以外に、二人の文化人類学者による『カンテ・フラメンコの文化史―理髪師とギター』(1913年)など優れた研究書もあります。この機会にアルムサーラ社の「フラメンコ・コレクション」を紹介しますが、詳しくは同社のホーム・ページにアクセスできます。

 

*************************************

アルムサーラ社のフラメンコ・コレクション

 

José Blas Vegas, El flamenco en Madrid.

Paco Vargas, El flamenco en Málaga, Historia y acutualidad de sus cantes y sus artes.

Catalina León Benitez, El flamenco en Cádiz.

Curro Albaicín, Zambra de Granada y los flamencos del Sacromonte, Una historia de flamenco en Granada.

José María Castaño Hervas, De Jerez y sus cantes.

Pedro Peña Fernández, Los gitanos flamencos.

Cristina Cruces Roldán, Peinate tú con mis peines –El mundo de PastoraPavón, Niña de los Peines.

Carmen García-Matos, La mujer en el cante flamenco.

José Cenizo Jiménez, Antonio Mairena, forja de un clásico del cante flamenco.

José Gelardo Navarro, El Rojo el Alpargatero, Proyección, familia y entorno.

Cristina León Benitez, Manolo Caracol, Cante y pasión.

José Luis Hernández, El cante flamenco: La voz honda y libre.

Francisco Gutiérrez Carbajo, La Poesía del flamenco.

Silvia Calado Olivo, Por bulerías, 100 años de compás flamenco.

Eulalia Pablo Losano, Jaleos y tangos. Vengo de mi Extremadura.

Eulalia Pablo y José Luis Navarro, Figuras, pasos y mudanzas. Clave para conocer el baile flamenco.

José Luis Navarro y Eulalia Pablo, El Baile flamenco: Una aproximación histórica.

Norberto Torres Cortés, Historia de la guitarra flamenca.

Eugenio Cobo, Pepe Marchena y Juanito Valderrama. Dos figuras de la ópera flamenca.

Agustín Gómez, El flamenco a la luz de García Lorca.

Rocío Plaza Orellana, Los bailes españoles en Europa. El especutáculo de los bailes de España en el siglo XlX.

Alberto del Campo y Rafael Cáceres, Historia cultural del flamenco: El brbero y la guitarra

José Amador Gemio ( Pive), El libro de la copla de Pive Amador.

Antonio Arco, Monstruos.