文学/文芸の世界 現代社会を考える 歴史から学ぶ 思想/哲学に触れる 芸術/アートをたしなむ ビジネス/経済を読む 豊かにくらす 《フィギュール彩》

澁澤龍彦の思考

新刊

¥2,970(税込)

honto
紀伊國屋書店ウェブストア
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
セブンネットショッピング
楽天ブックス
HMV&BOOKS online
TSUTAYA オンラインショッピング
ヨドバシ.com
著者 谷﨑 龍彦
ジャンル 文学/文芸の世界  > 日本文学批評・評論
出版年月日 2022/07/11
書店発売日 2022/07/11
ISBN 9784779128318
判型・ページ数 4-6 ・ 250ページ
定価 2,970円(税込)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ

内容紹介

澁澤の「読む=書く」という行為には、「(仏語の)純粋言語を日本語によって救い出す」(ベンヤミン「翻訳者の使命」)という運動が働いている。そのとき、澁澤という「私(わたくし)」性はどこにあるのだろうか——

澁澤の「書く=読む」という行為は「純粋言語」を救出するとともに、澁澤という「私」性が消滅するのではないかというのが、筆者が考える澁澤におけるエクリチュール化した「私」の意味である。
このエクリチュール化した「私」は、消滅するとともに翻訳行為と同様、他者の「純粋言語」にまとわりつく「純粋思考」をもかぎりなくとりこんでいく。そして最後には、澁澤の博覧強記の「書く=読む」という行為は、澁澤の「私」性が消滅して、エクリチュールに他者、評者(筆者)までをもまきこんでいく。究極的にそこに浮上する澁澤の「思考」とはなにか……それを逐語訳的に翻訳・抽出していくのが本書の眼目なのである。

目次

第一章 サドの自然
 一『神聖受胎』
 二『サド復活』

第二章 玩具・天使・アンドロギュヌス・世界の終り
『夢の宇宙誌』
 一「玩具について」
 二「天使について」「アンドロギュヌスについて」
 三「世界の終りについて」

第三章 エロスの解剖
『エロスの解剖』
一「女神の帯について」
二「性とは何か」
三「近親相姦について」
四「愛の詩について」
五「優雅な屍体について」
六「サド=マゾヒズムについて」
七「ホモ・ビオロギクス(生物学的人間)」
八「オナンの末裔たち」
九「乳房について」
十「ドン・ジュアンの顔」
十一「『エドワルダ夫人』について」
十二「玩具考」
十三「マンドラゴラについて」

第四章 胡桃の中の世界
『胡桃の中の世界』
一「石の夢」
二「プラトン立体」
三「螺旋について」
四「幾何学とエロス」
五「宇宙卵について」
六「動物誌への愛」
七「紋章について」
八「ギリシアの独楽」
九「怪物について」
十「ユートピアとしての時計」
十一「胡桃の中の世界」
第五章 思考の紋章学
『思考の紋章学』
一「ランプの廻転」
二「夢について」
三「幻鳥譚」
四「姉の力」
五「付喪神」
六「時間のパラドックスについて」
七「オドラデク」
八「ウィタ・セクスアリス」
九「悪魔の創造」
十「黄金虫」
十一「円環の渇き」
十二「愛の植物学」
澁澤龍彦の思考