文学/文芸の世界 現代社会を考える 歴史から学ぶ 思想/哲学に触れる 芸術/アートをたしなむ ビジネス/経済を読む 豊かにくらす 《フィギュール彩》

「ヘイト」に抗するアメリカ史

マジョリティを問い直す

¥3,080(税込)

honto
紀伊國屋書店ウェブストア
Amazon
e-hon 全国書店ネットワーク
セブンネットショッピング
楽天ブックス
HMV&BOOKS online
TSUTAYA オンラインショッピング
ヨドバシ.com
著者 兼子 歩 編著
貴堂 嘉之 編著
ジャンル 現代社会を考える  > 社会問題  > 差別・レイシズム
現代社会を考える  > 社会問題  > マイノリティ
歴史から学ぶ  > アメリカ合衆国史  > 人種関係
出版年月日 2022/04/20
書店発売日 2022/04/20
ISBN 9784779128264
判型・ページ数 4-6 ・ 332ページ
定価 3,080円(税込)
在庫 在庫あり

この本に関するお問い合わせ

内容紹介

トランプ元大統領の登場によってアメリカのマジョリティの潜在的な”特権的地位”の存在が改めて意識されるようになった。
本書は歴史的視座を重視し、現代が抱えるマジョリティにとっての「他者」たちからの「脅威」による「被害者」意識の発露としての行動を検証し、自覚されない〝特権〟と差別意識払拭への可能性、レイシズムと不平等の問題を考える。同時に日本にも通底する差別の構造を照射する。

目次

序  「ヘイト」の構造を歴史的に問い直すために 兼子歩(明治大学准教授)
第1章 差別と「逆差別」は同じ差別なのか?
     ――誰が誰をどのような力で抑圧しているのかを見極める
                      大森一輝(北海学園大学教授)
第2章 ともに生き延びるということ――不可視化の暴力と先住民族の抵抗
                        石山徳子(明治大学教授)
第3章 黒人奴隷制の歴史を問い直す――奴隷制と人種資本主義の世界史
                        貴堂嘉之(一橋大学教授)
第4章 負けた戦争の記憶
         ――南北戦争後の南部における「失われた大義」と
          人種・ジェンダー・階級    兼子歩(明治大学准教授)
第5章 記憶の抑圧と歴史の書き換え――タルサ人種虐殺を例に
                        坂下史子(立命館大学教授)
第6章「ヘイト」の時代の「アメリカ・ファースト」──排外主義への誘惑
                          南修平(専修大学教授)
第7章 アジア系ヘイトの歴史と現在
       ――コロナ黄禍論とアジア系の体験から見るアメリカ社会
                        和泉真澄(同志社大学教授)
第8章 刑罰国家化時代の移民行政――「非合法外国人」と「外国人犯罪者」
             という移民像   佐原彩子(共立女子大学准教授)
第9章 辺境都市から先進都市へ――グローバリズム時代の
   オレゴン州ポートランドとその歴史的背景 土田映子(北海道大学准教授)
第10章 クオータはなぜ嫌われるのか――割当と平等をめぐるアメリカ現代史
                        南川文里(同志社大学教授)
第11章 ミレニアルズとZ世代――あらたな世代政治の誕生とアメリカ社会
                       梅﨑透(フェリス女学院教授)
第12章 国際人権レジームとアメリカ例外主義――国際人権の歴史のなかの
             アメリカ、そして日本 小阪裕城(釧路公立大学講師)
第13章 アメリカ人権外交の欺瞞――不可視化されてきたアメリカの暴力
                        三牧聖子(同志社大学准教授)
第14章 声を上げる理由・耳を傾ける理由――被爆者運動と日本社会
                          川口悠子(法政大学教授)
編者あとがき                    貴堂嘉之(一橋大学教授)
「ヘイト」に抗するアメリカ史