父性的知と母性的愛ロレンスとマードック

ロレンスとマードック 父性的知と母性的愛

野口 ゆり子 著
四六判 / 241ページ / 上製
定価:2,300円 + 税
ISBN978-4-88202-890-1(4-88202-890-5) C0098
奥付の初版発行年月:2004年04月 / 書店発売日:2004年04月30日
2300円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

「哲学」をキーワードに、父性的知と母性的愛が交錯するイギリスを代表するD・H・ロレンスとアイリス・マードックの二人の作家の深奥に迫る新批評!

前書きなど

「ロレンスが求めたものが哲学であるのなら、哲学者でもあるマードックの小説を考察することが、彼の哲学への志向を理解する手助けとなるだろう。ロレンスには失われた母を取り戻そうとすると共に、母の束縛から逃れるために父を求めようとする欲望が読み取れるが、彼の父への欲望は哲学への欲望となって作品に現れている。知を愛することである哲学は、本能的に行動しようとするロレンスにとって正反対のものであるが、それゆえに彼はそれを欲した。しかしマードックは、父性的な知を愛したという意味で父の娘であったが、知とその秩序を愛すると同時に、人々とその精神の混沌をも愛した。」(「あとがき」より)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

野口 ゆり子(ノグチ ユリコ)

拓殖大学講師、現代イギリス文学専攻、日本ロレンス協会会員
著書に「ロレンス精神の旅路ークリステヴァを通して読む」(彩流社)がある

目次

序章 母の息子と父の娘
第一部 ロレンス——知を求めた母の息子
第一章 ロレンスとラッセル
第二章 反哲学者としてのロレンス
第三章 哲学としての『アポカリプス』
第二部 マードック——愛を求めた父の娘
第一章 愛と哲学
第二章 『哲学者の弟子』
第三章 『本と友愛』

関連書

ページの上部へ▲