ロシア、中・東欧ユダヤ民族史

叢書東欧 9
ロシア、中・東欧ユダヤ民族史

プレプク・アニコー 著, 寺尾 信昭 訳
A5判 / 253ページ / 並製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-88202-886-4(4-88202-886-7) C0022
奥付の初版発行年月:2004年03月 / 書店発売日:2004年03月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

類書のないユダヤ研究! ロシア・東欧地域の全体像を包括的に捉えた入門書にして基本文献。東西ヨーロッパ・ユダヤ人の合流点となったハンガリーから、ロシア・東欧の近代を問う。読む者に“共生の記憶”を喚起する定評ある名著。<ハンガリー語からの初の翻訳> 

著者プロフィール

プレプク・アニコー(アニコー,プレプク)

プレプク・アニコー
ハンガリーのコシュート・ラヨシュ大学で、「近代ヨーロッパ史」を担当。

寺尾 信昭(テラオ ノブアキ)

寺尾 信昭
1948年生まれ。
関西大学法学部政治学科卒業。同大学院博士課程単位取得。
1977-79年文部省奨学生としてハンガリーに留学。
現在、大阪外国語大学(ロシア東欧地域文化学科)非常勤講師。
論文:『ハンガリー革命(1918-19年)における都市と農村』(『国際政治』第96号、1991年)
“OscarJ査sziandtheMagyar-JewishAllianceinHungary”(大阪外国語大学『ロシア・東欧研究』第1号、1997年)
『トリアノン・ハンガリーと共生: 1920年の就学制限法(Numerus Clausu)の修正をめぐる一考察』(『ユダヤ・イスラエル研究』第18号、2001年)

目次

1章「ユダヤ的一神教の誕生」
2章「中・東欧ユダヤ人コミュニティの形成」
3章「啓蒙主義時代」
4章「解放の世紀」
5章「帝政ロシアにおけるユダヤ人の情況」
6章「同化の世紀」
7章「中欧における政治的反ユダヤ主義の登場」
8章「ロシアにおける国家的反ユダヤ主義」
9章「中・東欧におけるシオニズムと社会主義の諸傾向」10章「両大戦間期の中欧におけるユダヤ人の情況」
11章「ソヴィエト連邦におけるユダヤ人社会」
12章「ヨーロッパにおける“最終解決”」

関連書

ページの上部へ▲