大人の教養としての世界の酒&酒場案内いい酒と出会う本

いい酒と出会う本 大人の教養としての世界の酒&酒場案内

森下 賢一 著
四六判 / 207ページ / 上製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-88202-839-0(4-88202-839-5) C0076
奥付の初版発行年月:2003年09月 / 書店発売日:2003年09月09日
1600円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

世界中の酒が、いい出会いを待っている!酒を知る愉しみ、飲むよろこびが倍増する「いい酒」、「いい酒場」に関するこだわりのウンチクを凝縮した89話。ワンランク上の大人の飲み方を提案する、読み出したらとまらないガイド本。

前書きなど

「酒の知識は半端よりも、広く深いほうがいい。飲み方は「習うより慣れろ」だが、酒場でいい飲み方をする先輩のスタイルも参考になる。いい先輩は少ないが、悪い先輩は掃いて捨てるほどいるから、反面教師にはことかかない。そういうカッコ悪い酒飲みを見たなら、そうならないよう心掛ければいい」……「まえがき」より

著者プロフィール

森下 賢一(モリシタ ケンイチ)

森下賢一:著述家・翻訳家。商社マン時代から世界の酒場をめぐり、各国の特徴的な酒・料理に通じる。ビジネス経済書の翻訳と並行し、食文化に関する著述を展開している。
主な著作→当社刊『大人の教養としてのBAR入門』、89年刊の『いい酒のいい飲(や)り方』(草思社)は現在も超ロングセラー。他多数の著作あり。

目次

目次
Ⅰ いい酒をきわめる酒場の話
Ⅱ これぞ、こだわりの酒〜シングルモルト、カクテルから世界の珍品まで
Ⅲ いい肴の話
Ⅳ 最近の酒場事情
Ⅴ 酒場でしか会わない人の話

関連書

ページの上部へ▲