アメリカで生きる息子からの手紙

息子からの手紙 アメリカで生きる

ロス 郁子 著
四六判 / 239ページ / 並製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-88202-833-8(4-88202-833-6) C0095
奥付の初版発行年月:2003年08月 / 書店発売日:2003年08月21日
1900円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

1962年、絵画に目覚めニューヨークへ留学した著者は画家であるユダヤ系アメリカ人と結婚、2人の息子の母となる。その2人の息子たちがそれぞれ親元を離れ外国で生活しているときに両親に宛てた手紙の記録。成長していく息子たちとそれを見守る両親との心の交流、絆を克明に描く。

第1部は長男のエイブラハムが1985、86年にロンドンに留学したときに両親に宛てた手紙。第2部は次男のジャシュワが1987〜88年に日本語の勉強をするために日本で生活していたときと、1994、95年に浜松で博士論文のための勉強をしたときに両親に宛てた手紙。第3部は著者夫婦の画家としての生き様やその後結婚し大学教授への道を歩む息子たちの現在の社会生活、2002年双子の親になった長男のエイブラハムなど、幸せいっぱいの一家の様子。

著者プロフィール

ロス 郁子(ロス イクコ)

*ロス郁子  ニューヨーク在住の画家。日本女子大卒。小社刊の『ニューヨーク・クラスX』がある。

関連書

ページの上部へ▲