川端康成から吉本ばななまで臨床文学論

紀伊國屋書店、Book Live!、hont他、各電子書籍書店にて発売中!! 『臨床文学論』電子書籍版

臨床文学論 川端康成から吉本ばななまで

近藤 裕子 著
四六判 / 283ページ / 上製
定価:2,200円 + 税
ISBN978-4-88202-793-5(4-88202-793-3) C0095
奥付の初版発行年月:2003年02月 / 書店発売日:2003年02月07日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

川端康成、村上春樹、吉本ばなな、山本昌代、尾崎翠の作品を臨床心理学や精神病理学などの学問成果を援用し、解読。従来明らかにされにくかった<自己>像に迫る新批評集。

著者プロフィール

近藤 裕子(コンドウ ヒロコ)

札幌大学助教授

関連書

ページの上部へ▲