明治維新の光芒西郷と横山安武

西郷と横山安武 明治維新の光芒

清水 昭三 著
四六判 / 227ページ / 上製
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-88202-789-8(4-88202-789-5) C0020
奥付の初版発行年月:2002年12月 / 書店発売日:2002年12月27日
1900円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

明治初め「征韓論」という朝鮮人への侮辱政策に反対し、アイヌ弾圧政策をただし、新政府に「建白書」を出し、抗議の諫死を遂げた、たった一人の知識人がいた。西郷隆盛の盟友で、悲劇の初代文相森有礼の兄でもあった横山安武の知られざる生き様を描く歴史物語。
「対朝鮮とのかかわりの中で、今なお正視すべきはあの国是の如きかつての『征韓論』である。またこれを行動として実現してしまった『韓国併合』とその消えぬ波紋のことである。けれども、こうした日本人としてまことに恥ずべき思想や行動を可(よし)とせず、抗議の諫死を遂げた人物が、たった一人存在していたのは、なんという救いであったろう。その人物こそ草奔の士で、西郷隆盛と生き方としては対等の関係にあった横山安武である。彼はわが国最初の内閣総理大臣伊藤博文の初代文相森有礼の兄でもあった。」(本書「あとがき」より)

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

関連書

ページの上部へ▲