知られざる戦いアメリカ独立戦争

アメリカ独立戦争 知られざる戦い

ハワード・H・ペッカム 著, 松田 武  訳
四六判 / 307ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-88202-778-2(4-88202-778-X) C0022
奥付の初版発行年月:2002年11月 / 書店発売日:2002年11月07日
2800円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

最強のイギリスを相手に、8年間にわたった独立戦争で、「無から作り出された」アメリカ軍が、「ほとんどの戦闘に敗北したにもかかわらず、戦争に勝利した」核心を描く。
「アメリカ独立戦争は、ボストン郊外のレキシントンとコンコードにおいてイギリス軍とアメリカ民兵軍が軍事衝突した1775年4月から、パリで講和条約が締結された1783年9月まで8年余り戦われたアメリカ史上2番目に長い戦争であった。奴隷を含めて総人口が250万人だった北米13の植民地は、「家庭」と「大義」を守るために、イギリスを相手に、北はカナダから南はフロリダまで、東は大西洋から西はミシシッピ河までの広い範囲において戦った。アメリカ独立戦争は、植民地人が自由と独立を求めて立ち上がり成功した近代初の革命戦争であった。その結果、人民主権と代議制を中核とする共和主義が確立された」(「訳者あとがき」より)

関連書

ページの上部へ▲