Faulkner, Haiti, and Questions of Imperialism

Faulkner, Haiti, and Questions of Imperialism

大和田 英子 著
A5判 / 231ページ / 並製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-88202-777-5(4-88202-777-1) C3098
奥付の初版発行年月:2002年10月 / 書店発売日:2002年10月11日
2500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

(英文)フォークナーが『アブサロム、アブサロム!』で描いたハイチ。この舞台設定と歴史との齟齬を吟味し、文学作品に表れる19世紀から20世紀にかけてのアメリカとハイチの関係を、未公刊タイプスクリプトからの引用を交え、読み解く。

目次

Table of Contents/Introduction Looking for "A Little Lost Island"/Chapter I A Missing Link to the Caribbean: History of (Lost) Faulkner Criticism /Chapter II The History of Haiti in the Nineteenth Century: The Making of Metonym in Sutpen, and in American Literature and Culture/Chapter III The United States Occupation of Haiti (1915-1934): A Social Context and the Literary Imagination /Chapter IV "Revolt in the Earth": Faulkner, Haiti, and the Politics of the Hollywood Film Industry/Chapter V Faulkner and Race: "Obverse Reflection of the White People"

関連書

ページの上部へ▲