知里幸恵の遺稿より銀のしずく「思いのまま」

紀伊國屋書店、Book Live!、hont他、各電子書籍書店にて発売中!! 『銀のしずく「思いのまま」』電子書籍版

銀のしずく「思いのまま」 知里幸恵の遺稿より

富樫 利一 著
A5判 / 197ページ / 並製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-88202-774-4(4-88202-774-7) C0093
奥付の初版発行年月:2002年09月 / 書店発売日:2002年09月21日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

アイヌ民族の言葉を書き残すこと。それは「アイヌ民族は滅びず」との宣言であった!
自分の死を悟っていたかのように詳細な日記を書くとともに、一冊のノートを残した。その全文とそこに込められた19歳の少女の想いを読む。「〔日記は〕死の直前の四ヶ月、金田一京助宅において、東京での日本文化に触れながら、キリスト教に救いを求め、アイヌ民族古来のユーカラの筆録に懸命に挑んでいたその間の心の記録であった。しかも文字を持たなかったアイヌ民族の一人である知里幸恵が異文化である日本文字を習得し、それを持って日々の心の内を表現した記録はおそらくアイヌ民族としては始めてのもので、大変貴重なものである。また幸恵にはもう一冊のノートがあり、日々の記録と別に思いつくままに書き記したもので、詩や単語などが書かれていて、その中に鋭い矢となって読む者の胸を射す文言もあることを知った。」(「あとがき」より)

著者プロフィール

富樫 利一(トガシ トシカズ)

著者紹介
昭和7年北海道に生まれる。教員生活を経て登別市役所勤務後退職。
◎アイヌ文化活動アドバイザー
◎「知里真志保を語る会」会員
著書『せせらぎへの挽歌』(自費出版)1987
『エノン[いずこへ]一アイヌの赤い星』(彩流社)1992
『ラメトク起っ一クナシリ・メナシの戦い』(彩流社)1997
『エカシのさくら』(知里真志保を語る会)1998 他

関連書

ページの上部へ▲