小説から映像への変奏『時をかける少女』たち

『時をかける少女』たち 小説から映像への変奏

江藤 茂博 著
四六判 / 268ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-88202-693-8(4-88202-693-7) C0095
奥付の初版発行年月:2001年01月 / 書店発売日:2001年01月10日
1800円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

 小説・テレビドラマ・映画の「時間と空間の物語」の解読!
筒井康隆の『中3コース』の連載に始まり、NHK少年ドラマシリーズ『正・続タイムトラベラー』大林宣彦監督・原田知世主演の角川映画、南野陽子と内田有紀主演の二つのフジテレビのドラマ、そして角川春樹監督による再映画化まで。その変遷を克明に論じた決定版!

目次

 第1章「小説論」(小説の構造と解読)
 第2章「SF論」(SF文学史の系譜)
 第3章「読者論」(60年代の文化誌)
 第4章「続編論」(NHK少年ドラマシリーズ『タイムトラベ ラー』)
 第5章「文化論」(角川映画という現象)
 第6章「構造論」(小説・映画・テレビドラマの物語構造)
 第7章「語り論」(小説と映画のナラトロジー)
 第8章「少女論」(少女へのまなざし)
 第9章「脱構築」(テクストの解体)

関連書

ページの上部へ▲