徹底検証! 日本古代史と考古学の謎

オフサイド・ブックス 17
徹底検証! 日本古代史と考古学の謎

原 遥平 著
A5判 / 137ページ / 並製
定価:1,300円 + 税
ISBN978-4-88202-617-4(4-88202-617-1) C0321
奥付の初版発行年月:2001年08月 / 書店発売日:2001年08月09日
1300円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

古代史と考古学が同時にわかる本! 縄文文化の起源、縄文から弥生への「ミッシング・リンク」、「倭国大乱」と環濠集落、四隅突出型墳丘墓と前方後円墳、狗奴国、さまざまな形で提出されてきた古代史の謎を遺跡発掘の成果とあわせて総点検する。地図、写真多数

目次

●PART1 縄文時代の検証——21世紀の「縄文・新常識」
 三内丸山遺跡の〝射程距離〟
 縄文文化の起源は南?
 「縄文農耕」はいまや定説?
 海を越えた縄文人の軌跡
 縄文の争点はこれだ!

●PART2 弥生時代の検証——緊張感漂う「戦乱の弥生」
 縄文から弥生への「ミッシング・リンク」
 「倭国大乱」の真実
 銅鐸から「古代出雲」を推理する

●PART3 古墳時代の検証——古墳期の開始が「100年」早まった!
 四隅突出型墳丘墓と前方後円墳
 池上曽根遺跡と古墳期の開始
 「最古の文字」は狗奴国につながっていた?

関連書

ページの上部へ▲