シベリア抑留一〇〇〇日

シベリア抑留一〇〇〇日

佐野 巌 著, 佐野 みな子 訳
四六判 / 220ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-88202-595-5(4-88202-595-7) C0023
奥付の初版発行年月:1999年09月 / 書店発売日:1999年09月30日
2000円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

多数の死者を出したシベリア抑留については多くの証言がある。だが、アメリカに生まれた日系二世が日本人としてではあるが、抑留されたケースは珍しい。戦争の時代、数奇な運命を生き抜いた貴重な回想録。
——カリフォルニア州に生まれた佐野は1939年(昭和14)に子どものない伯父の養子として日本に渡る。1945年(昭和20)3月、日本陸軍に徴兵され、満州の関東軍に送られる。5カ月後日本はソ連に降参し、佐野は捕虜として3年間シベリアの軍需工場、集団農場、炭坑での労働を強いられる。 本書は、分裂した義務感、失望と混乱、そして犠牲と救いの話である。著者は自分の運命を受け入れながら、希望を棄てずに控え目な表現で書いている。生き生きとした思い出の記であり、時代の証言である。——(『バターン死の行進』の著者、スタンレー・フォルク評)

関連書

ページの上部へ▲