北海道・闇に消えた11人当事者が書いた強制連行

当事者が書いた強制連行 北海道・闇に消えた11人

鄭 晢仁 著
四六判 / 250ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-88202-587-0(4-88202-587-6) C0036
奥付の初版発行年月:1999年07月 / 書店発売日:1999年07月25日
1800円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

京城(現在のソウル)から北海道の奥地に強制的に連行され、水力発電所の工事に従事させられた著者が、苛酷な労働に抵抗し反乱を起した希有な体験を記録した手記。この反乱後、著者を除く11人の蜂起メンバーの消息はいまだに不明である。 収録内容 ①北海道の「強制労働収容所」 ②反抗の代償 ③タコ部屋初のストライキ ④警察隊出動⑤日本の法廷にたつ ⑥札幌刑務所 ⑦軍部の陰謀 ⑧アイヌとの出会い⑨燃え上がる憤怒 ⑩微用令状⑪我が祖国、朝鮮半島よ!

関連書

ページの上部へ▲