奴隷解放とオーバリン大学南北戦争を起こした町

南北戦争を起こした町 奴隷解放とオーバリン大学

ナット・ブラント 著, 桜美林大学英語英米文学科 訳
A5判 / 412ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-88202-570-2(4-88202-570-1) C0022
奥付の初版発行年月:1999年04月 / 書店発売日:1999年04月23日
3500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

奴隷解放史上に残る“オーバリン=ウエリントン奴隷放出”事件の全貌。1858年オハイオ州の大学町で起きたこの事件では救出者37人が逮捕され、その裁判は大きな議論を巻き起こした。奴隷制廃止論者を育んだオーバリン大学町の歴史と社会史。 

関連書

ページの上部へ▲