第二次世界大戦期の米中同盟の軋轢幻の新秩序とアジア太平洋

幻の新秩序とアジア太平洋 第二次世界大戦期の米中同盟の軋轢

馬 暁華 著
A5判 / 373ページ / 上製
定価:4,000円 + 税
ISBN978-4-88202-557-3(4-88202-557-4) C1022
奥付の初版発行年月:2000年03月 / 書店発売日:2000年03月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

西欧のアジア侵出に始まる近代国際関係=不平等条約体制の崩壊と再編過程を、第二次世界大戦期の国際関係、とりわけ米中日三国の“新秩序”をめぐる政治的駆け引きと米国内における、いわゆる“排華法”撤廃の力学など、国家・人種・民族関係の新しい視点と枠組みで立体的に検証する労作。◆収録目次 第1部 東アジアにおける近代国際関係の形成——第1章 東アジアにおける近代国際関係の成立と「排華問題」 第2部 第二次世界大戦期東アジアにおける国際関係の軋轢——第2章 第二次世界大戦期のアメリカ社会とアジア/第3章 不平等条約体制の解体——東アジア情勢の転換・幻の「大東亜共栄圏」と日本の対外宣伝・宣伝戦としての太平洋戦争・日本の米英攻撃の新戦略・太平洋戦争期の不平等条約撤廃運動 第3部 東アジアにおける新たな国際関係の模索——第4章 米国の戦後世界戦略と東アジア/第5章 戦後世界秩序と米中関係の再編 終章

関連書

ページの上部へ▲