カナダ外交政策論の研究

カナダ外交政策論の研究

櫻田 大造 著
A5判 / 783ページ / 上製
定価:6,600円 + 税
ISBN978-4-88202-549-8(4-88202-549-3) C3031
奥付の初版発行年月:1999年12月 / 書店発売日:1999年12月25日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

特異な外交を展開するカナダ外交政策の本質を国際関係理論の枠組みで再構築する労作!従来のパワー・イメージ・アプローチ(ミドル、スモール、プリンシパルパワー論)の弱点を補完した理論を提示するとともに、実際の事例の理論的整合性と実証分析面での有用性を示し、外交政策理論・国際関係論の新しい地平を拓く。

目次


◆主な目次/序章 トルドー期を中心とした「カナダ外交政策論」/●理論的考察篇 ・ミドルパワーとしてのカナダ/・スモールパワーとしてのカナダ/・プリンシパルパワーとしてのカナダ/・パワー・イメージ・アプローチの評価/●事例研究篇 ・第1次トルドー期の外交政策(1968年〜1972年)/・第2次トルドー期(1972年〜1974年)/・第3次トルドー期(1974年〜1979年)/・クラーク期の外交政策(1979年〜1980年)/・第4次トルドー期(1980年〜1984年)/・パワー・イメージ・アプローチから考察したカナダ外交政策

関連書

ページの上部へ▲