活動大寫眞始末記

活動大寫眞始末記

わか こうじ 著, 小島 貞二 序文, ピーター・B・ハーイ 解説
A5判 / 236ページ / 並製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-88202-546-7(4-88202-546-9) C0074
奥付の初版発行年月:1997年09月 / 書店発売日:1997年09月20日
2500円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

徳川夢声の直弟子・現役活動弁士が語る「弁士誕生」から現在までのサイレント映画の歩み。銀幕のスターが正に“スター”として大衆の心を掴んだ時代の映画界、名作を生んだ撮影所の今昔と“活動屋"達の人間模様を赤裸々に綴る。写真170枚。

版元から一言

活動写真 弁士

著者プロフィール

わか こうじ(ワカ コウジ)

大正12年生まれ。名古屋市東区矢田出身。5歳の時マキノ中部撮影所(名古屋市外道徳。現、南区道徳新町)開所式で「実録忠臣蔵」の撮影を見たのが映画との最初の出会い。以来65年間映画一筋の”スクリーン人生”を送る。活動弁士としては、小学2年のとき埼玉県の油屋座で初舞台。荒井九兵衛師、徳川夢声師の門下生となり少年弁士として6年間修業。
 戦後、東宝に入社”東宝争議”で亀井文夫、今井正監督などを知る。その後新東宝に移籍、製作宣伝に携わるが、昭和25年から活弁復活を機に九州一円を巡業、27年12月名古屋に帰って芸人生活。
 昭和38年から無声映画の発掘と保存、普及を目的に「懐かしの映画鑑賞会」を結成、平成9年で同会創立35周年を迎え上映回数330回に及ぶ。ライブラリー運動にも情熱を注ぎ、現在「名古屋懐かしの映画鑑賞会」会長。「名古屋芸能人協会」副会長。東京活弁会顧問、日本映像学会々員、日本文化アーチスト協会相談役。1994年度第9回大衆文化賞受賞。平成7年11月2日(文化庁)フイルム・センター・大ホールにて、新発掘・昭和2年日活製作、伊藤大輔監督、大河内傳次郎主演「忠次旅日記」を活弁説明(映画百年記念)。

小島 貞二(コジマ テイジ)

演芸評論家。1919(大正8)〜2003(平成15)年。著書に『志ん生の噺 3・4・5』(古今亭 志ん生著、小島 貞二編、筑摩書房(ちくま文庫)、2005年)、『びんぼう自慢』(古今亭 志ん生著、小島 貞二編、筑摩書房(ちくま文庫)、2005年)、『こんな落語家がいた』(うなぎ書房、2003年)、『禁演落語』(小島 貞二編著、筑摩書房(ちくま文庫)、2002年)、『定本艶笑落語 1・2・3』(小島 貞二編、筑摩書房(ちくま文庫)、2001年)、『古今東西噺家紳士録 噺家系図付』(丸善、2000年)、『志ん生の忘れもの』(うなぎ書房、1999年)、『雷電日記』(雷電 為右衛門著、小島貞二 編、ベースボール・マガジン社、1999年)、『力士雷電 上・下』(ベースボール・マガジン社、1998年)、『快楽亭ブラック伝 決定版』(恒文社、1997年)、『はなしの土俵』(小島 貞二編、ベースボール・マガジン社、1995年)、『本日晴天興行なり』(読売新聞社、1995年)、『これが志ん生だ 第1巻〜第10巻・別巻1』(古今亭 志ん生著・監修・聞き手 小島貞二、三一書房、1994〜1995年)、『寄席芸人おもしろ史話』(毎日新聞社、1994年)、『ことばあそびだニャン』(小島 貞二編著、北山 竜画、アリス館、1993年)、『ことばあそびだワン』(小島 貞二編著、北山 竜画、アリス館、1993年)、『歴代横綱おもしろ史話』(毎日新聞社、1993年)、『S こども古典落語 全5巻』(アリス館、1993年)、『相撲史うらおもて その1・その2・その3』(ベースボール・マガジン社、1992年)、『ぼくの人生、百面相』(学芸書林、1991年)、『あるフンドシかつぎ一代記』(ベースボール・マガジン社、1991年)、『雷電為右衛門 上・下』(学芸書林、1990年)、『大相撲評判記』(新人物往来社、1989年) 、『千葉笑い』(恒文社、1988年)、『定本艶笑落語 全』(小島 貞二編、立風書房、1987年)、『こども古典落語5 江戸っ子かわりもの編』(アリス館、1986年)、『こども古典落語4 トンチンカン長屋編』(アリス館、1986年)、『こども古典落語3 うらめしやオバケ編』(アリス館、1986年)、『こども古典落語2 歴史とんち人物編』(アリス館、1986年)、『こども古典落語1 あっぱれわんぱく編(コミック)』(アリス館、1986年)、『絵本大相撲』(三宅 充との共著、アリス館、1985年)、『快楽亭ブラック』(国際情報社、1984年)、 『力道山以前の力道山たち』(三一書房、1983年)、『寄席芸4 −萬歳・万才・漫才−』(三一書房、1980年)、『大相撲裏面史』(千人社、1980年)、『定本・艶笑落語 1・雪の巻』(学習研究社、1978年)、『定本・艶笑落語 2・月の巻』(学習研究社、1978年)、『定本・艶笑落語 3・花の巻』(学習研究社、1978年)、『少年少女名作落語 11』(小島 貞二編著、偕成社、1976年)、『少年少女名作落語 5』(小島 貞二編著、偕成社、1975年)、『高座奇人伝』(学習研究社)、『定本・艶笑落語』(学習研究社)、『ことばあそびの本 全2巻』(アリス館)、『大相撲名力士100選』(秋田書店)、『演芸博物館 紅篇・白篇』(三一書房)『漫才世相史』(毎日新聞社)、『落語三百年 江戸の巻 明治・大正の巻 昭和の巻』(各巻、毎日新聞社)、『落語三百年 全3巻セット』(毎日新聞社)などがある。

ピーター・B・ハーイ(ハーイ,ピーター・B.)

HIGH, Peter B. 日本映画研究者/名古屋大学大学院教授 ・国際言語文化研究科・国際多元文化専攻・先端文化論講座担当。主な著作に『帝国の銀幕:十五年戦争と日本映画』(名古屋大学出版会、1995年) 、『アンポからバナナまで』(朝日新聞社出版局、1992) 、『An Outline of American Literature』 (Longman Inc. Ltd.、 1986年)などがある。

関連書

ページの上部へ▲