フランス近代作家論集近似値

近似値 フランス近代作家論集 APPROXIMATIONS

シャルル・デュ・ボス 著, 山本 省 編訳
四六判 / 354ページ / 上製
定価:3,689円 + 税
ISBN978-4-88202-260-2(4-88202-260-5) C1098
奥付の初版発行年月:1993年06月 / 書店発売日:1993年06月10日
3689円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

デュ・ボスは、 フランス批評界でチボーデと並ぶ重鎮であり、対象の核心に限りなく接近する「近似値」にふさわしい批評を遺した巨人である。デュ・ボスの紹介を含め、ヴァレリー、ジッド、プルースト、フローベール、ボードレール他を収む。

版元から一言

パスカルからプルーストまで

20世紀前半のフランス批評界の巨人の眼 ! !

洞察に満ち、汎ヨーロッパ的教養に裏打ちされた文章で
核心に迫る"魂の交感"の精華。

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

シャルル・デュ・ボス(デュ・ボス,シャルル)

Charles Du Bos 1882-1939 邦訳書等に『アンドレ・ジイド世界文庫 ; 仏蘭西篇 56』(シャルル・デュ・ボス著、武者小路実光訳、弘文堂書房、1940年)、『フローベール全集 別巻 フローベール研究』所収「フローベールにおける《内的環境》について シャルル・デュ・ボス著、篠田浩一郎訳」(フローベール著、筑摩書房、1968年)、『小説の冒険 世界批評大系』所収「バンジャマン・コンスタンと『アドルフ』」(シャルル・デュボス著、清水徹訳) 」(篠田一士編、筑摩書房、1974年)、『詩論の展開 世界批評大系』所収「ショーソン、心による慰め」(シャルル・デュ・ボス著、清水徹訳」(篠田一士編、筑摩書房、1975年)、『近似値 フランス近代作家論集』(シャルル・デュ・ボス著、山本 省編訳、彩流社、1993年)、『文学とは何か』(シャルル・デュ・ボス著、渡邊 義愛訳、有楽出版社(実業之日本社)、2003年)などがある。

山本 省(ヤマモト サトル)

信州大学農学部教授
1946年兵庫県生まれ。1969年京都大学文学部卒業。1974年京都大学大学院博士課程中退。南フランス文学研究(都会を嫌い、生涯南仏オート=プロヴァンスで個性的な作家活動を展開したジャン・ジオノの研究)。19世紀末から20世紀前半のフランス文学研究(ヴァレリー、デュ・ボス、ジッド、プルースト)。パスカル研究(パスカルを個別的に研究すると共に、フランス文学における神秘的なパスカル的要素と合理的なデカルト的要素についての研究)。著書に『南仏オート=プロヴァンスの光と風』(彩流社、2004年)、『ジャン・ジオノ紀行』(彩流社、2006年)が、訳書にアラン・ルヴィエ『オーケストラ』(白水社、1990年、共訳)、シャルル・デュ・ボス 『近似値』(彩流社、1993年)、ジャン・ジオノ『喜びは永遠に残る』(河出書房新社、2001年)、ジャン・ジオノ『世界の歌』(河出書房新社、2005年)、ジャン・ジオノ『木を植えた男』(彩流社、2006年)等がある。

関連書

ページの上部へ▲