神話・文学・アフリカ世界

神話・文学・アフリカ世界 Myth,Literature and the African world

ウォレ・ショインカ 著, 松田 忠徳 訳
四六判 / 227ページ / 上製
定価:2,136円 + 税
ISBN978-4-88202-236-7(4-88202-236-2) C0098
奥付の初版発行年月:1992年11月 / 書店発売日:1992年11月02日
2136円+税
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。

お買い求めになれません

 

内容紹介

アフリカ初のノーベル文学賞作家として知られるショインカが、
ヨーロッパ・キリスト教思想とは一線を画すアフリカ世界の独自の思想を、
ヨルバ族の歴史、神話、文学を中心に、その知られざる民族文化を
正面から取りあげた評論集。

版元から一言

アフリカ文学 アフリカ

著者プロフィール

ウォレ・ショインカ(ショインカ,ウォレ)

WOLE SOYINKA 1934年、ナイジェリア生まれの劇作家。
イバダン大学卒業後、イギリスのリーズ大学に留学し、
シェイクスピア演劇を学ぶ。帰国後、劇団「マスク1960」等を組織し、
西洋演劇とアフリカ演劇の融合をめざす実験劇に取り組んだ。
ガーナで「トランジション」の編集長、イフェ大学演劇科主任教授、
パリのアフリカ文化センター所長等を歴任。1986年度ノーベル文学賞を、
アフリカ人作家として初めて受賞。戯曲に『ライオンと宝石』、『森の舞踏』、
『狂人と専門家たち』、詩集に『地下に閉じ込められたウソの鳥』、
自伝の『ケア―幼年時代』他、多数。
邦訳に本書(原書、1976年刊、Cambridge University Press)の他、
「特別対談 知的エリートの功罪…ウォレ・ショインカ/山口昌男」
(『季刊「国際交流」第46号 特集 知識人の現在ー国際的連帯を求めて』
所収、監修者/粕谷一希、販売・山川出版社、1988年5月)、
「ポリュペーモスの島 ウォレ・ショインカ・訳本橋哲也」
(『現代思想 2002年6月臨時増刊号 
総特集=思想としてのパレスチナ』所収、青土社、2002年)、 
「アジョジェ・ロドゥン "Ajoje l’odun" ウォレ・ショインカ・
川田順造 訳」(『神奈川大学評論 第51号 
特集 アフリカ 他者の声——人類史を流れるもの』所収、神奈川大学、2005年)、
「あなたの論理はわたしには脅威だ、マンデラ /ウォレ・ショインカ
くぼたのぞみ訳」(『現代思想 2014年3月増刊号 特集*ネルソン・マンデラ』
(青土社、2014年)などがある。

松田 忠徳(マツダ タダノリ)

1949年、北海道生まれ。東京外国語大学大学院(修士課程)修了。アジア・アフリカ、ラテンアメリカ文学を専攻。翻訳家。著訳書等に『世界詩人選集〈3〉クネーネ詩集』(飯塚書店、1973年)、『世界黒人詩集』(嶋岡 晨・松田 忠徳訳、飯塚書店、1975年)、『ネルーダ 愛の手紙』(P・ネルーダ、S・F・ラライン、翻訳、東邦出版社、1977年)、『新しいアフリカの文学』(アルムート・ノルトマン=ザイラー著、松田 忠徳訳、白水社クセジュ文庫、1978年)、『クマゲラのいる島』(大日本図書、1980年)、『墓場にて 長篇叙事詩』(ドンドギィーン・ツェベグミイド著、松田 忠徳訳、恒文社、1981年)、『 火の山と生きものたち』(大日本図書、1981年)、『パブロ・ネルーダの生涯』(マルガリータ・アギレ著、松田 忠徳訳、新日本出版社、1982年)、『エゾシカの島』(岩崎書店、1982年)、『北限のアオサギを守る』(大日本図書、1982年)、『火山とたたかう町』(大日本図書、1983年)、『エゾシカは生きてゆく』(新日本出版社、1984年)、『帽子をかぶった狼 モンゴル短編集』(松田 忠徳 他編訳、恒文社、1984年)、『ガルーシア・ロルカの死』(J.L.ビラ=サン=フワン著、松田忠徳訳、彩流社、1985年)『エゾシカの悲劇』(大日本図書、1986年)、『北海道の温泉』(北海道新聞社、1986年)、『湯けむりの旅北海道』(富士書院、1987年)、『ハイリブの石 モンゴル民話集』(松田 忠徳訳、富士書院、1988年)、『夜が明けるまで 動乱に蹂躙される小さき魂 現代アフリカ作家の世界 3』(グギ・ワ・ジオンゴ著、松田 忠徳訳、門土社総合出版、1989年)、『二〇の愛の詩と一つの絶望の歌』 (パブロ・ネルーダ著、松田 忠徳訳、富士書院、1989年)、『北海道とっておきの温泉』(中西出版、1989年)、『北の野を歩く』(北海道新聞社、1990年)、『北海道ゆうゆう紀行ぶらり湯けむりの旅』(北海道新聞社、1991年)、『東北湯の旅』(北海道新聞社、1991年)、『ぐるり車で味な旅 道北・道東編 道央・道南編』(北海道新聞社、1992年・1992年)、『北海道露天風呂グラフティー』(中西出版、1992年)、『北海道名湯・美食の宿39選』(北海道新聞社、1992年)、『神話・文学・アフリカ世界』(ウォレ・ショインカ著、松田 忠徳訳、彩流社、1992年)、『美味豪快北海道』(中西出版、1993年)、『北海道とっておきの旅』(実業之日本社、1994年)、『モンゴルの民話』(松田 忠徳 編訳、恒文社、1994年)、『チンギス・ハーンの軌跡 モンゴル騎馬文化の光と影』(ティム・セヴェリン著、松田 忠徳訳、三五館、1994年)、『とんではねて子ジカのバンビ』(大日本図書、1996年)、『北海道さそわれてふたり旅』(中西出版、1996年)、『モンゴル・甦る遊牧の民』(社会評論社、1996年)、『北海道の焼きもの とっておきの陶芸家たち』(中西出版、1996年)、『モンゴル』(中西出版、1997年)、『北海道とっておきの旅 2』(実業之日本社、1997年)、『関東周辺とっておきの秘湯』(松田 忠徳著、ニューガイド編集部編、弘済出版社(交通新聞社)、1998年)、『北海道とっておきの市町村営温泉』(中西出版、1999年)、『北海道おもしろ博物館』(中西出版、1999年)、『列島縦断2500湯』(日本経済新聞社出版局、2000年)、『全国お湯で選んだ源泉の宿』(弘済出版社(交通新聞社)、2000年)、『温泉主義 No.1』(松田 忠徳編、くまざさ出版社、2001年)、『温泉教授の温泉ゼミナール』(光文社新書、2001年)、『温泉教授・松田忠徳の日本百名湯』(日本経済新聞社出版局、2002年)、『温泉教授の日本全国温泉ガイド カラー版』(光文社新書、2002年)、『日本の千年湯』(芸術新潮編集部編、新潮社、2002年)、『温泉力』(集英社インターナショナル、2002年)、『おとなの温泉旅行術』(PHP研究所(PHP新書)、2003年)、『温泉教授の日本百名湯』(光文社新書、2003年)、『北海道ホンモノの温泉 決定版』(寿郎社、2003年)、『これは、温泉ではない』(光文社新書、2004年)、『ホンモノの温泉は、ここにある』(光文社新書、2004年)、『検証黒川と由布院』(熊本日日新聞社、2004年)、『これが本物!ニッポンの湯宿』(全日出版、2004年)、『温泉教授が教える間違いだらけの温泉選び』(樂書舘、2004年)、『女性のためのホンモノの温泉案内』(寿郎社、2004年)、『温泉の未来』(松田 忠徳他著、くまざさ出版社、2005年)、『黒川温泉観光経営講座』(後藤 哲也・松田 忠徳著、光文社新書、2005年)、『ハヤブサの四季 新装版』(伊藤 正清 写真、松田 忠徳 著、あかね書房、2005年)、『温泉主義 No.4』(松田 忠徳 編、くまざさ出版社、2005年)、『 朝青龍はなぜ負けないのか』(新潮社、2005年)、『 温泉教授・松田忠徳の日本百名湯 1 北海道・青森編・2 北東北編・3 南東北・栃木編・関東・静岡編 DVDビデオ・5 甲信越編・6 東海・北陸編・7 近畿・四国編 [DVD]・8 南九州編・9 北九州編・10 南九州編』(日本経済新聞社出版局、2005年~2006年)、『温泉教授の湯治力』(祥伝社新書、2005年)、『温泉主義 No.5』(松田 忠徳編、くまざさ出版社、2005年)、『なんでも好奇心 2006年2-3月 NHKテキスト』(日本放送協会・日本放送出版協会編、松田 忠徳著、日本放送出版協会(NHK出版)2006年)、『大相撲大変』(祥伝社新書、2006年)、『温泉教授・松田忠徳の新・日本百名湯』(日本経済新聞出版社(日経ビジネス人文庫)、2006年)、『温泉旅館格付ガイド』(新潮社、2006年)、『江戸の温泉学』(新潮選書、2007年)、『一度は泊まってみたい癒しの温泉宿』(PHP新書、2007年)、『温泉教授・松田忠徳の古湯を歩く』(日本経済新聞出版社、2008年)などがある。

関連書

ページの上部へ▲