伊勢廣のおもてなし

フィギュール彩 68
伊勢廣のおもてなし

おだ・ひろひさ 文・絵, 今清水 隆宏 写真
四六判 / 173ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7072-0 C0334
奥付の初版発行年月:2016年08月 / 書店発売日:2016年08月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「美味」とか「廉価」だということは
二の次のような気がする。

食べることは生きること。
食べることでいちばん大切なこととは何か。

それは口に入る素材、
すなわち肉、魚、野菜のいずれもが安全でかつ
新鮮であるということではないだろうか。

「よい肉を扱う仕入れ業者を大切にする」という
「伊勢廣」初代の教えは徹底されている。

「伊勢廣」は東京・京橋で九十余年営業し、
今も進化を続ける。
代表の星野雅信氏、弟の進哉氏、そして将来、
四代目が跡を継ぐ。
「伊勢廣」の看板の重みを乗り越える準備は
すでに始まっている。
「お店の伝統を絶対に消すわけにはいきません。
大変なことというよりも、この先に自分が将来は
何をするのか、という、はっきりとした目標が
見つかったことで俄然、やる気になりました。
そして一日、一日を大切に生きて行くことこそ、
自分の人生においての楽しみ方だとも思っております」
(星野達哉氏)。
毎朝届く新鮮な鳥一羽を捌き、厳選した千住葱、
椎茸、ししとう等とともに、
職人が備長炭で丁寧に焼き上げる。
ランチでも夜のフルコースでも多くのお客で賑わう
「伊勢廣」の神髄に迫る。

著者プロフィール

おだ・ひろひさ(オダ ヒロヒサ)

おだ・ひろひさ
1950年兵庫県西宮市生まれ。建築家。
1991年、料理及び演芸評論家の山本益博氏と出会い、
山本氏の料理取材のサポートメンバーとなる。
その後、独自の目利きと舌力を駆使した取材で
ライターとして活躍、各紙誌に記事を掲載。
主な著書に
『レストランコバヤシにようこそ!』(彩流社)がある。

今清水 隆宏(イマシミズ タカヒロ)

いましみず・たかひろ
1965年東京都生まれ。
有限会社イマシィドットコム代表。東京造形大学卒業。
土井武氏に師事後、
1988年フリーランスフォトグラファーとして独立。
国内・海外、家庭料理・レストランを問わず、
主として料理周辺や旅、静物等、書籍、広告を企画・撮影。

目次

【内容】
(1)伝統を守る
(2)仕込み
(3)京橋本店のランチ
(4)銀座並木通りを歩く
(5)銀座八丁目店
(6)丸の内仲通りを歩く
(7)帝劇店
(8)ホテル・ニューオータニを歩く
(9)ホテル・ニューオータニ店
(10)日本橋髙島屋地下食料品店街を歩く
(11)日本橋髙島屋売店
(12)京橋界隈を歩く

関連書

ページの上部へ▲