スポーツ実況の舞台裏

フィギュール彩 54
スポーツ実況の舞台裏

四家 秀治 著
四六判 / 175ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-7058-4 C0375
奥付の初版発行年月:2016年04月 / 書店発売日:2016年04月14日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

すべてのスポーツ観戦者のために、
実況アナウンサーの妙技の舞台裏を徹底紹介!

「スポーツ番組を担当したい!」というアナウンサー志望者は多い。
しかしその大半は「キャスターをやりたい」という人々。
著者のように「顔出しは好きではない」アナウンサー志望者は
あまりいないらしく、
スタジオでその日に行われたスポーツについて語る仕事が
カッコいいと思って志望するのだと思います。
スタジオで原稿を読むにもスポーツ実況にも
スポーツの知識がなければなりません。
簡単にいえば両者の違いは、実況では試合のまえに、
いろいろな場面を想定してスタンバイするのに対し、
キャスターは試合後、起こったことに対して必要な情報を
付け加えるためのスタンバイをし放送に臨むという点です。
スタンバイの煩雑さという点ではたぶん実況のほうが
たいへんなはずです。
しかし、情報を整理していろいろなスポーツの結果を
コンパクトにわかりやすく伝えなければならない
キャスターも骨の折れる仕事。
いわゆる「アナウンサー」には、
「報道」「芸能/制作」「スポーツ」とジャンルを
わければ大きく分かれます。
もちろん、すべてをこなせるという方もいるでしょう。
局アナであれば、使う側にとっては、何でもできるに
越したことはありません。
そうなれるよう若いアナウンサーはいろいろな仕事を
経験したほうがいいでしょう。
ともあれ、この本は、放送関係者のみならず、
スポーツ大好きなすべての方々のための本となることを
希望します!

著者プロフィール

四家 秀治(ヨツヤ ヒデハル)

よつや・ひではる 1958 年千葉県松戸市生まれ。
同志社大学工学部化学工学科
(現・理工学部化学システム創成工学科)卒業。
RKB毎日放送、テレビ東京アナウンサーを経て
2011 年7 月からフリーランスに。

目次

序章  アナウンサーとは何か
第1章 スポーツ実況中継の舞台裏
第2章 実況アナウンサーの準備
第3章 各種スポーツ競技の特徴

関連書

ページの上部へ▲