雲南夢幻始源の火

始源の火 雲南夢幻

野上 勝彦 著
四六判 / 572ページ / 並製
定価:4,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2691-8 C0093
奥付の初版発行年月:2020年07月 / 書店発売日:2020年07月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

いまだに哲学/心理学上での明確な定義はない。
ゆえに「物語」があるのだ。

中国、アヘン戦争を間近に控えた時代。清朝の支配力に
衰退の兆しが表れていた。歴史的激動の渦中、次第に不思議な心の
問題に目覚めていく雲南の少年が歩む道とは。
中国の雲南を中心とした歴史物語。

著者プロフィール

野上 勝彦(ノガミ カツヒコ)

NOGAMI Katsuhiko.
のがみ・かつひこ
1946年6月、宮崎県都城市生まれ。
慶應義塾大学文学部独文科中退。
早稲田大学第二文学部英文学科卒業。
早稲田大学大学院英文学科修士課程修了。
英国ウォリック大学大学院
欧州演劇科修士課程修了。
英国バーミンガム大学大学院
シェイクスピア学科博士課程修了(Ph.D.)。
これまで、千葉工業大学工学部教授、
早稲田大学文学部及び大学院非常勤講師。
明治大学文学部兼任講師。
跡見学園女子大学文学部兼任講師。
千葉大学教養部、目白学園女子短期大学、
芝浦工業大学工学部、日本大学生産工学部、
大東文化大学文学部の非常勤講師等を務める
著書に
『〈創造〉の秘密 シェイクスピアとカフカとコンラッドの場合』
(彩流社、2018年)、
『暁の新月  ザ・グレート・ゲームの狭間で』
(彩流社、2019年)がある。

関連書

ページの上部へ▲