アリストテレスのいる薬屋

はじめて読むじんぶん童話シリーズ 3
アリストテレスのいる薬屋

パク・ヒョンスク 文, ユン・ジフェ 絵, チョ・グァンジェ 解説, 古川 綾子 訳
B5 / 180ページ / 並製
定価:1,850円 + 税
ISBN978-4-7791-2403-7 C8323
奥付の初版発行年月:2015年10月 / 書店発売日:2015年10月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

そんなにぼくがにくいなら、捨てちゃえよ!
 勉強のできる親孝行なジョンウを育てればいいだろう!

ふたごの弟ジョンウより体が小さく、勉強もできないソンウ。
ジョンウといつも比べられて「かんしゃく大魔王」というあだ名まで
付けられますが、アリストテレスおじさんと友だちになることで、
周りの人と仲良くし、心から幸せになれる方法を学んでいきます。

アリストテレスがやってきた!
悩める子どもたちといっしょに考えるために!

韓国でベストセラーの児童書です!!
すてきな絵がたくさん!オールカラー!

▶付録の読書後の活用シートと「アリストテレスの生涯」でさらに
学習が深まる!
▶ルビは対象年齢(小学校中学年~)に対応!

版元から一言

★谷川俊太郎さん推薦!!★

びっくりしました、そして嬉しくなりました。
こんな新鮮なアイデアで、大人の世界に
切りこんでいく児童書は初めてです。
谷川俊太郎

◉じんぶん童話とは…◉
私たちが愛情、友情、信頼、平和を重んじる心を持って生きるために
必要な学問がじんぶん学。
それを、歴史上の偉大な人物の生き方や考え方を通して学ぶ、
まったく新しい発想の童話です。

▶以下、続刊予定
④『シェイクスピアのいる文房具店』
⑤『ソクラテスのいるサッカー部』
①(4月刊)『マザー・テレサのいる動物病院』
②(5月刊)『トルストイのいる古本屋』

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

パク・ヒョンスク(パク ヒョンスク)

子どものころの夢は絵かきになることでした。
でも、作文大会に出るたびに賞をもらうので、作家になることが運命だと
思うようになりました。2006年に大田日報という新聞の新春文芸に
童話が当選して作家になり、韓国文化芸術委員会の創作支援を
いただき、『大きくさけべ!』で<第一回サルリムオリニ文学賞>
の大賞に選ばれました。著書多数。

ユン・ジフェ(ユン ジフェ)

『モンはねぼすけ』で<第五回ソウル童話イラストレーション>優秀賞を、
<第一回韓国アンデルセン影法師賞>の公募で特別賞をもらいました。
文と絵を書いた本は『雲の王国アラムサハバ』『心を守れ! ピョンガマン』、
絵を描いた本は『学校ヒーロー伝説』『赤いマフラー』
『パパはスーパーマン ぼくはスーパーボーイ』など。

チョ・グァンジェ(チョ グァンジェ)

ソウル大学哲学科大学院で修士・博士課程を修了しました。
韓国フランス哲学会の会長を歴任、市民の学校「哲学アカデミー」を設立、
代表を経て現在は運営委員をしています。
青少年のために書いた本は『プラトン、映画館に行く』
『短くて長い西洋美術史』『美術館で人文学に出会う』など。
『子供のための正義とは何か』『牛も哲学者になれるか?』
そしてこの「はじめて読むじんぶん童話シリーズ」の
『ソクラテスのいるサッカー部』にも解説文を書きました。

古川 綾子(フルカワ アヤコ)

子どものときから本が大好きで、毎月、1冊ずつ
好きな本を買ってもらうことが一番の幸せでした。
その本は今もわたしの宝物(たからもの)です。
大人になった今は、おとなりの韓国の言葉を日本語にする
翻訳という仕事をしています。
そのほかの訳書に
『降りられない船- セウォル号沈没事故からみた韓国』
(ウ・ソックン 著、古川綾子 訳、クオン、2014年)、
『未生 ミセン 1 ~9 KCデラックス』
(ユン・テホ 著、古川綾子、金承福 訳、講談社、2016年)、
『走れ、オヤジ殿 韓国文学のオクリモノ』
(キム・エラン 著、古川綾子 訳、晶文社、2017年)、
『そっと 静かに 新しい韓国の文学』
(ハン・ガン 著、古川綾子 訳、クオン、2018年)、
『娘について となりの国のものがたり2』
(キム・ヘジン 著、古川綾子 訳、亜紀書房、2018年)、
『外は夏 となりの国のものがたり3』
(キム・エラン 著、古川綾子 訳、亜紀書房、2019年)、
『わたしに無害なひと となりの国のものがたり5』
(チェ・ウニョン 著、古川 綾子 訳、亜紀書房、2020年)
などがある。

関連書

ページの上部へ▲

タグ: