大阪と和歌山・高野山を結ぶ現存最古の私鉄南海電鉄 昭和の記憶

南海電鉄 昭和の記憶 大阪と和歌山・高野山を結ぶ現存最古の私鉄

藤原 浩 著
A4変 / 80ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2357-3 C0026
奥付の初版発行年月:2014年11月 / 書店発売日:2014年11月27日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

◆ 大阪と和歌山を結ぶ、日本最古の現役私鉄路線の思い出アルバム。
◆ 懐かしい沿線風景の写真を掲載。往時の全路線を掲載。泉北高速鉄道も掲載。
◆ 鉄道ファンに大人気の阪堺電車も掲載。南海ファン必見の鉄道写真集です!

著者プロフィール

藤原 浩(フジワラ ヒロシ)

大阪府泉大津市生まれ。以来、現在まで南海沿線に在住(大学時代を除く)。
慶應義塾大学文学部卒。教職を経て鉄道研究家。JTBパブリッシング、山と渓谷社等から著書多数。各種の「週刊分冊百科」等にも携わる。

関連書

タグ:鉄道

ページの上部へ▲

タグ: