レオンス・ヴェルニーから大佛次郎までわたしの日仏交流史研究ことはじめ

わたしの日仏交流史研究ことはじめ レオンス・ヴェルニーから大佛次郎まで Essai introductif à l'historiographie des relations franco-japonaises―de Léonce Verny à Jiro OSARAGI ―

市川 慎一 著
四六判 / 193ページ / 上製
定価:3,000円 + 税
ISBN978-4-7791-2224-8 C0021
奥付の初版発行年月:2016年05月 / 書店発売日:2016年05月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

《日仏交流の全体像》

鎖国状態の日本の扉を、砲艦による強引な威嚇外交で
こじ開けたのは、1854 年にやってきたペリー提督率いる
米国の艦隊だった。
その後、欧米列強は次々に日本との和親条約・修好条約を
締結していった。
彼らが一応に驚いたのは
日本には常備軍が存在しないということだった。
そのため、日仏の交流は国防問題からまずは開始された。
軍事規律はいうまでもなく、その他の分野でも
フランス文化の強い影響が押し寄せた。
岩倉欧米視察団が出発したのは明治4年。
欧州文化の中心フランスには様々な領域で
学問が高度に達しており、日本が学ぶべきものが
多岐にわたることを痛感した。
最初の日仏関係は、彼我の文明には落差が大きすぎ、
日本側が一方的に恩恵を蒙るものだった。

著者プロフィール

市川 慎一(イチカワ シンイチ)

Shin-ichi ICHIKAWA. いちかわ・しんいち
1936 年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
現在、早稲田大学名誉教授。
18 世紀フランス思想・文学および比較文化専攻。
慶應義塾大学文学部特別招聘教授、
マドリッド・アウトノマ大学客員教授を歴任。
主な著訳書に『アカディアンの過去と現在』(彩流社)、
『アガグック物語』(イヴ・テリオー著、共訳、彩流社)、
『フランス語の手紙』(白水社)、
『百科全書派の世界』(世界書院)、
『百科全書』(ジャック・プルースト著、共訳、岩波書店)、
『フランス百科全書絵引き』
(ジャック・プルースト著、共訳、平凡社)、
『十八世紀フランス思想—ヴォルテール、ディドロ、ルソー』
(ダニエル・モルネ著、共訳、大修館書店)、
『フランス人の幕末維新』(M・ド・モージュ他著、共訳、
有隣堂)、『ジャン・ジャック・ルソー』(早稲田大学出版部)、
『マネの生涯』(アンリ・ペリュショ著、共訳、講談社)、
『 Paris旅行会話&マナー』(共著、三修社)、
『啓蒙思想三態—ヴォルテール、ディドロ、ルソー』(新評論)等
多数。

目次

(序章)日仏交流のはじまり
(1章)造船技師ヴェルニーと海港ブレスト/
日仏交流の原点を求めて
(2章)ナポレオン三世の対外政策/
遠隔地メキシコと日本の場合
(3章)岩倉具視使節団とフランス/
明治の日本人に見えなかったもの
(4章)パリ・コミューン、ルイーズ・ミシェル、
大佛次郎
(5章)ゾラ『壊滅』と大佛次郎『パリ燃ゆ』
をめぐって
(6章)大佛次郎『天皇の世紀』とフランス/
かくれたテーマを求めて
(7章)ドイツ占領下のリヨンを生き抜いた
瀧澤敬一(1884 〜1965)そのご遺族を現地に訪ねて
(8章)日系フランス人の住むニューカレドニア再訪
(9章)比較翻訳論の試み/
フランス人の翻訳観を中心に
(付録)清岡卓行『マロニエの花が言った』を読む

関連書

ページの上部へ▲