ポピュラーカルチャー、メディアにおける男性差別広がるミサンドリー

広がるミサンドリー ポピュラーカルチャー、メディアにおける男性差別 Spreading Misandry: The Teaching of Contempt for Men in Popular Culture

ポール・ナサンソン 著, キャサリン・K・ヤング 著, 久米 泰介 訳
A5判 / 455ページ / 上製
定価:4,500円 + 税
ISBN978-4-7791-2215-6 C0036
奥付の初版発行年月:2016年08月 / 書店発売日:2016年08月29日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

メディアには、「男性差別」が溢れている!

男性なら差別も蔑視も許されるの!?

ミソジニー(女性嫌悪)と対になる概念
「ミサンドリー」(男性嫌悪・男性蔑視)を知っていますか?
 
現代において、
「社会悪」としての男性イメージがテレビドラマや映画などに
よっていかに広められているのか、
そして、そのことがいかに潜在化しているのかを、
『カラーパープル』や『新スタートレック』といった作品を
多数取り上げながらアメリカの事例を中心に紹介、
学術的な考察を深める。

著者プロフィール

ポール・ナサンソン(ポール ナサンソン)

Paul Nathanson.
カナダ・マギル大学元研究員(宗教学)。

キャサリン・K・ヤング(キャサリン ケイ ヤング)

Katharine K Young.
カナダ・マギル大学名誉教授(宗教学)。

久米 泰介(クメ タイスケ)

1986年、愛知県生まれ。
関西大学社会学部卒業後、米ウィスコンシン大学スタウト校
MS取得。
訳書に
『男性権力の神話 《男性差別》の可視化と撤廃のための学問』
(ワレン・ファレル 著、久米泰介 訳、作品社、2014年)、
『広がるミサンドリー ポピュラーカルチャー、
 メディアにおける男性差別』
(本訳書:ポール・ナサンソン、キャサリン・K・ヤング 著、
 久米泰介 訳、彩流社、2016年)、
『ファーザー・アンド・チャイルド・リユニオン 
 共同親権と司法の男性差別』
(ワレン・ファレル 著、久米泰介 訳、社会評論社、2017年)、
『法制度における男性差別 合法化されるミサンドリー』
(ポール ナサンソン、キャサリン・K. ヤング 著、久米泰介 訳、
 作品社、2020年)等がある。

関連書

ページの上部へ▲