朴正煕「維新」が今よみがえる韓国・独裁のための時代

韓国・独裁のための時代 朴正煕「維新」が今よみがえる

韓 洪九 著, 李泳采 監訳・解説, 佐相洋子 訳
四六判 / 296ページ / 並製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2149-4 C0036
奥付の初版発行年月:2015年12月 / 書店発売日:2015年12月09日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

2013年4月セウォル号沈没事件、1980年5月光州虐殺事件など、
韓国社会の構造的暴力はなぜ起き続けているのか。
韓国現代史の《闇の歴史》から現政権の闇の政治構造が明らかになる。

朴槿惠(パク・クネ)現大統領の父で日本とも深い関わりのある
朴正煕(パクチョンヒ)大統領の独裁政治をくわしく振り返ることで、
現政権の起源を理解する。
韓国でもっとも影響力ある知識人で、
現代歴史研究家、平和運動家・韓洪九氏が、
2012年1月から2013年6月までハンギョレ新聞紙上で連載したコラム
をもとに今進行中の韓国のダイナミックな歴史を
日本人向け にわかりやすく解説、訳出した本。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

韓 洪九(ハン ホンク)

ハンホンク
1959年生、ソウル大学校国史学卒、米ワシントン大学大学院で
金日成を中心にした抗日独立闘争の研究で博士号。
現聖公会大学教授。
韓国の代表的な現代史歴史家であり、
平和博物館建立推進委員会常任理事を務めている
など著名な平和活動家。
平和活動として、良心的兵役拒否者の人権擁護と
国軍代替服務制改善、国家情報院の過去事清算のための
真実糾明委員会民間委員、ベトナム戦派兵韓国軍の
ベトナム良民虐殺の問題などを取り組んでいる。
マスコミのハンギョレ新聞やハンギョレ21に投稿した文等は
《大韓民国史》(4冊)という本で出版され、一躍著名となる。
日本で出版された主著:『倒れゆく韓国』『韓洪九と歩く』
(ともに朝日新聞出版)『韓洪九の韓国現代史Ⅰ』および『同Ⅱ』(平凡社)。

李泳采(イ ヨンチェ)

イ・ヨンチェ
1971年、韓国全羅南道生まれ。恵泉女学園大学教員。
98年来日、慶應義塾大学大学院法学研究科修了(政治学専攻)。
専門は日韓・日朝関係。
日韓の市民団体の交流のコーディネーター、コラムニスト、
韓国語、韓国映画や映像を通して現代を語る市民講座の講師
などを務める。
主著
『なるほど!これが韓国か』『「アイリス」でわかる朝鮮半島の危機』
(共著、朝日新聞出版)、監訳書『朴正煕 動員された近代化』(彩流社)、
『写真と絵で見る北朝鮮現代史』(コモンズ)など。

佐相洋子(サソウ ヨウコ)

さそう・ようこ
東京都生まれ。慶應義塾大学文学部史学科卒業。
横浜市立学校に教諭として勤務。
退職後、韓国の梨花女子大学言語教育院で留学し、韓国語を学ぶ。
韓国現代史や社会分野の翻訳をしながら、日韓交流の市民団体の
活動を行っている。

目次

第1章 憲法の上に立つ人
 維新前夜、1971年の大韓民国
 朴正熙と日本─維新の精神的なルーツ
 金大中拉致事件
 緊急措置と民青学連
 人革党再建委事件
 大統領狙撃ミスと陸英修女史の死
 張俊河の疑問死
第2章 タブー、抵抗、傷心
 タブーの時代と「青年文化」
 女工哀史
 東一紡績労働組合の人糞事件
 記者らの覚醒、自由言論実践宣言
  「無等山のターザン」の悲劇
第3章 維新の社会史
  祖国「軍隊化」の陰
  ベトナム派兵が残したもの
 基地村浄化運動
 維新のもう一つの名、セマウル運動
第4章 維新体制の崩壊
 10・26の序曲、YH事件
 釜馬抗争、火の手が上がる
 1979.10.26運命の日
 光州、その荘厳なる敗北

関連書

ページの上部へ▲