自分で選ぶ老後の住まい方・暮らし方

自分で選ぶ老後の住まい方・暮らし方

近山 惠子 監修, 米沢 なな子 監修, 一般社団法人コミュニティネットワーク協会 編
A5判 / 175ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2071-8 C0036
奥付の初版発行年月:2015年02月 / 書店発売日:2015年02月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

親しい人に囲まれて、楽しく自由で安心した暮らしがしたい!
そのためにはどのように本人、夫婦、子ども、障がい者も含めて自立を目指せるのか。様々な高齢者住宅や施設、制度、サービスを知り、あなたらしい暮らし方を選びましょう。


Q&A方式で基礎から最新情報までていねいに解説。
あなたと共に考えます!

Q:自宅を担保にして生活資金を借りられるリバースモーゲージって?
Q:障がいがある息子と65歳の私が一緒に入れる施設はありますか?
Q:サービス付き高齢者住宅に夫婦で住むことはできますか?
 どちらかが認知症で要介護状態になったら?
Q:サ付き高齢者住宅で長期入院した場合、退去させられる?
Q:子どもに有料老人ホームの入居を反対されました。介護で迷惑をかけたくありません。どうしたらいいでしょう?
Q:高齢者住宅に入居してから、そこでの仕事はありますか?
Q:ケアマネージャーと意見が合わなかったら、変えてもらえますか?
Q:ケアプランは、自分で作れるってホント? 
Q:要介護5の親の介護で共倒れしそう…どうしたらいいでしょう?
Q:死んだ後も社会貢献したいので、献体や臓器移植を考えたい。
Q:自宅で死にたい。必要な準備は?
Q:「ホームホスピス」って何? etc…

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

近山 惠子(チカヤマケイコ)

元気のでる福祉のまちづくり・100年コミュニティの創造をめざし、自分らしく人生を完成させる住まいとして「ゆいま~る」シリーズを提案。元気なときから入居し、介護が必要になっても最期まで住める安心の仕組みと参加型コミュニティづくりの拠点として現在全国8か所開設されている。同協会にある高齢者住宅情報センターは、1999年に東京、2003年に大阪に開設し、一般社団法人の賛助会員となっている約50社300施設・住宅を中心に情報提供や相談、紹介を行なっている。理事長は近山恵子。

米沢 なな子(ヨネザワナナコ)

元気のでる福祉のまちづくり・100年コミュニティの創造をめざし、自分らしく人生を完成させる住まいとして「ゆいま~る」シリーズを提案。元気なときから入居し、介護が必要になっても最期まで住める安心の仕組みと参加型コミュニティづくりの拠点として現在全国8か所開設されている。同協会にある高齢者住宅情報センターは、1999年に東京、2003年に大阪に開設し、一般社団法人の賛助会員となっている約50社300施設・住宅を中心に情報提供や相談、紹介を行なっている。理事長は近山恵子。

一般社団法人コミュニティネットワーク協会(イッパンシャダンホウジンコミュニティネットワークキョウカイ)

元気のでる福祉のまちづくり・100年コミュニティの創造をめざし、自分らしく人生を完成させる住まいとして「ゆいま~る」シリーズを提案。元気なときから入居し、介護が必要になっても最期まで住める安心の仕組みと参加型コミュニティづくりの拠点として現在全国8か所開設されている。同協会にある高齢者住宅情報センターは、1999年に東京、2003年に大阪に開設し、一般社団法人の賛助会員となっている約50社300施設・住宅を中心に情報提供や相談、紹介を行なっている。理事長は近山恵子。

目次

パートⅠ…これからの「住まい方」を考える
パートⅡ…高齢者向け住宅がわかる
パートⅢ…有料老人ホームがわかる
パートⅣ…介護が必要になったときの
      住まい方・暮らし方がわかる
パートⅤ…暮らし方・生き方を考える

関連書

タグ:介護
タグ:福祉

ページの上部へ▲

タグ: ,