進路に悩んだら読む16歳からの「孫子」

進路に悩んだら読む16歳からの「孫子」

饗庭 悟 著
四六判 / 245ページ / 並製
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-7791-2031-2 C0010
奥付の初版発行年月:2014年07月 / 書店発売日:2014年07月02日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

 この本は、進路講師(就職・大学受験)・研修講師(採用選考・教育関係)の著者が進路について本気で悩み始める16 歳の高校生から大学生・20 代の社会人の、「やりたいことが見つからない」「何に向いているのかわからない」「このままこれをずっとやりつづけていいのだろうか」といった進路や将来に関する悩みを、『孫子』をヒントに解決する道筋を示す画期的な一冊です。
 内容は第一部を「〔講演録〕進路と『孫子』」、第二部を「〔テキスト〕文学としての『孫子』」とし、第二部の『孫子』全訳を教材にした講演を第一部で記述するといった体裁がとられています。
 第一部では、単純にマニュアル的なものが示されているだけではなく、自力で考える材料を提供するといった「教育的配慮」が盛り込まれていることで、高等学校の読書感想文推薦図書にも推挙されるにふさわしい内容です。
 いわば、多くの碩学が残した学問的観点の『孫子』、世に溢れるビジネス的観点からの『孫子』、それらとは一線を画す第三の観点、キャリア教育・進路選定としての『孫子』を提示する画期的な本です。そしてなにより、多くの若い方にアジアが誇る偉大な古典『孫子』を味読してもらおうという思いで作られました!

大学だって、一般入試だけがエラいワケじゃない。推薦入試というリスクの少ない方法もある。会社だってそう、アルバイトから評価されて正社員になる方法も。などなど、そんなことも『孫子』は教えてくれちゃうのだ!

著者プロフィール

饗庭 悟(アエバ サトル)

大阪市在住、フリーランスの講師。
かつて大学受験予備校や公務員試験予備校にて、国語・英語・小論文など、異例の複数科目で自分名義の冠講座をもっていた。現在は、大学生の就職活動支援や、教育・人材育成・採用人事などをテーマに講演・研修を行う。高校での進路講演も頻繁に取り組んでいる。
また、「高校内予備校」プログラムにも力を入れ、特に進学実績を上げたい地方の中堅校を応援している。
著書に『堂々面接回答 ザ・クール・アンサー』(新曜社)。

目次

【第1部】
講演録:進路と『孫子』
【第2部】
テキスト:文学としての『孫子』

関連書

ページの上部へ▲

タグ: ,