フラメンコ・ジャンルの芸術的誕生(1833-1865年)そしてカルメンはパリに行った

そしてカルメンはパリに行った フラメンコ・ジャンルの芸術的誕生(1833-1865年) ...y Carmen se fue a París

ゲルハルト・シュタイングレス 著, 岡住 正秀 訳, 山道 太郎 訳
A5判 / 318ページ / 上製
定価:3,600円 + 税
ISBN978-4-7791-2018-3 C0073
奥付の初版発行年月:2014年08月 / 書店発売日:2014年08月04日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「フラメンコ」という近代の芸術ジャンルが誕生する過程を詳細に辿る画期的論考!
 ロマン主義の19 世紀前半、パリの劇場舞台におけるスペインの国民的舞踏=ボレロとヨーロッパ・バレエの交流を通して見えてくる、バイレ・フラメンコの誕生とは!

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

ゲルハルト・シュタイングレス(シュタイングレス,ゲルハルト)

Gerhard Steingress
ザルツブルク生まれのオーストリアの社会学者、セビーリャ大学教育学部社会学科教授。
本書は、『...y Carmen se fue a París:
Un estudio sobre la construcción artística del género flamenco (1833-1865)』
(Córdoba,Almuzara,2006)の全訳。

岡住 正秀(オカズミ マサヒデ)

Masahide Okazumi
1949 年北九州市生まれ:北九州市立大学文学部教授。スペイン近現代(アンダルシア社会史)専攻。主要論書『たたかう民衆の世界―欧米における近代化と抗議行動』(共編著、彩流社、2005 年)『スペインの国家と地域―ナショナリズムの相克―』(共著、国際書院、2002 年)『ラティフンディオの経済と歴史』(共訳、A・M・ベルナル著、農文協、1993 年)『集いと娯楽の近代スペイン―セビーリャのソシアビリテ空間―』(共訳、ゴンサレス・トゥロヤーノ他著、彩流社、2011 年)

山道 太郎(ヤマミチ タロウ)

Taro Yamamichi
1957 年東京生まれ:立教大学非常勤講師。主要論著『運命の船 サン・フェリーペ号』(共著、南の風社、2008 年)『浜松まつり―学際的分析と比較の視点から―』(共著、岩田書店、2006 年)『グラナダの南へ―スペイン農村の民俗誌―』(岡住正秀と共訳、ジェラルド・ブレナン著、現代企画室、1992 年)

目次

「19世紀前半のスペインの音楽と舞踏」「ファンダンゴと「官能的」なボレロ」「フランス流の風変り趣味」「ロマン主義者はスペイン音楽と舞踏の認識を深める」「ヴァリエテ劇場とシルク劇場の《密輸入者たち》」「フランコの踊りの初期の特徴」「ホセ・カリオン、アントニオ・オリビア、メンデス嬢の舞踏団」「ジプシーの踊り子」…など。詳細な文献案内、索引なども付す!

関連書

タグ:バレエ

ページの上部へ▲

タグ: ,