日本歓楽郷案内【完全復刻版】

日本歓楽郷案内【完全復刻版】

酒井 潔 著, 大橋 崇行 解説
四六判 / 392ページ / 並製
定価:3,800円 + 税
ISBN978-4-7791-2004-6 C0095
奥付の初版発行年月:2014年04月 / 書店発売日:2014年04月23日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

『エロエロ草紙』(2012年7月)、『奴隷祭』(2013年2月)などで昭和エロ・グロ文化を牽引した酒井潔の、これまた破天荒な一冊!
東京、横浜、大阪、神戸と、日本の歓楽街に跋扈するエロを求めて…。昭和の初期のエロ案内の決定版!
カバーの覗き窓の型抜きも完全に再現します!
なんと、発禁処分をくらった初版と今回定本にした改訂版の「異同表」が特別についています!
どこが、どう問題になって発禁になったのかがわかります!

版元から一言

◆本書の特典=発禁となった初版はまったく世に出回ることが無かった。そのため、今回定本にしたのは流布された改訂版です。しかし、今回の特典としては、初版と改訂版の「異同表」を特別に収録します。それにより、発禁の規準が明確になるという、発禁本コレクターには垂涎の一冊に仕上げました!

著者プロフィール

酒井 潔(サカイ キヨシ)

昭和のエログロナンセンス文化の牽引者。
著書に発禁本『エロエロ草紙』や『らぶ・ふぃるたあ』をはじめ、
『悪魔学事典』や翻訳物の『奴隷祭』など多数。

大橋 崇行(オオハシ タカユキ)

1978年生。作家、ライター、国文学者。
上智大学大学院修了(修士)後、総合研究大学院大学修了。
博士(文学)。国文学研究資料館研究員を経て、
岐阜工業高等専門学校一般科目(人文)科助教。
著書に
『遥かに届くきみの聲  双葉文庫』
(大橋崇行 著、双葉社、2020年)、
『小説の生存戦略  ライトノベル・メディア・ジェンダー』
(大橋崇行、山中智省 編著、青弓社、2020年)、
『どうする?どうなる?これからの「国語」教育  
 大学入学共通テストと新学習指導要領をめぐる12の提言』
(共著、紅野謙介 編、幻戯書房、2019年)、
『浅草文豪あやかし草紙 メゾン文庫』
(大橋崇行 著、一迅社、2019年)、
『世にも奇妙なストーリー 影彷徨う町 5分後に起こる恐怖』
(共著、西東社、2018年)、
『西條八十集  人食いバラ 他三篇 少年少女奇想ミステリ王国1』
(大橋崇行 校訂、西條八十 著、芦辺拓 編、戎光祥出版、2018年)、
『世にも奇妙なストーリー 闇巣喰う町 5分後に起こる恐怖』
(共著、西東社、2018年)、
『司書のお仕事  お探しの本は何ですか? ライブラリーぶっくす』
(大橋崇行 著、小曽川真貴 監修、勉誠出版、2018年)、
『世にも奇妙なストーリー  百壁町の呪い 5分後に起こる恐怖』
(共著、黒史郎 責任編集、西東社、2017年)、
『文学研究から現代日本の批評を考える  
 批評・小説・ポップカルチャーをめぐって』
(共著、西田谷洋 編、ひつじ書房、2017年)、
『言語と思想の言説(ディスクール)  
 近代文学成立期における山田美妙とその周辺』
(大橋崇行 著、笠間書院、2017年)、
『レムリアの女神』
(大橋崇行 著、未知谷、2016年)、
『マンガ研究13講』
(共著、小山昌宏、玉川博章、小池隆太 編、水声社、2016年)、
『近代文献調査研究論集 国文学研究資料館研究成果報告書』
(共著、立命館大学・国文学研究資料館「明治大正文化研究」
 プロジェクト 編、人間文化研究機構国文学研究資料館、2016年)、
『ライトノベル・フロントライン 1~3』
(編著、青弓社、2015-2016年)、
『大正月光綺譚魔術少女あやね 1 月光遊技塲の地下室に罪人は棲む
 T-LINE NOVELS』
(大橋崇行 著、辰巳出版、2015年)、
『サブカル・ポップマガジン まぐま Private Brand 7
 アニメ・ヒロインと少女文化』
(共著、蒼天社、2015年)、
『桜坂恵理朱と13番目の魔女』
(大橋崇行 著、彩流社、2014年)、
『らぶ・ひるたァ 【特別限定復刻版】』
(大橋崇行 解説、酒井潔 著、彩流社、2014年)、
『日本歓楽郷案内【完全復刻版】』
(大橋崇行 解説、酒井潔 著、彩流社、2014年)、
『奴隷祭 【新装完全復刻版】』
(大橋崇行 解説、ドン・ブランナス・アレラ 著、酒井潔 訳、
 彩流社、2014年)、
『ライトノベルから見た少女/少年小説史  
          現代日本の物語文化を見直すために』
(大橋崇行 著、笠間書院、2014年)、
『ライトノベルは好きですか? ようこそ!ラノベ研究会』
(大橋崇行 著、雷鳥社、2013年)、
『ライトノベル・スタディーズ』
(共著、一柳廣孝、久米依子 編著、青弓社、2013年)、
『妹がスーパー戦隊に就職しました  スマッシュ文庫』
(大橋崇行 著、PHP研究所、2012年)、
『闇のファンタジー  ナイトメア叢書 7』
(一柳廣孝、吉田司雄 編著、青弓社、2010年)、
『ライトノベル研究序説』
(共著、一柳廣孝、久米依子 編著、青弓社、2009年)などがある。

目次

●第一編 東京歓楽郷案内
 ・第一章「銀座風景」・エロの流れと女給、ストリート・ガールの跋扈など
 ・第二章「夜の浅草」・貞操と十銭銀貨、吉原夜話、楽屋裏覗など
 ・第三章「エロの山手」・エロの巣窟、恋の殿堂武蔵野館、女給の射落とし法など
 ・第四章「結婚媒介」・結婚魔、媒介所と密淫売、媒介所の一行的活動など
 ・第五章「二つの年中行事」・両国の川開き、街の混乱、男の腕に跨がった女など
 ・第六章「ダンサーの流すエロ」・肉の香り、不良ダンサーと罰金など
 ・第七章「ランデ・ヴウ」・公園のロマンス、墓地の夏の夜景、上野の森の接吻など
 ・第八章「花街秘話」・半玉と水揚、芸妓とモダニズム、新橋芸妓と政治家など
 ・第九章「魔窟街」・木賃ホテル街、露店淫売、梗概の私娼跋扈など 
●第二編「大阪歓楽郷案内」
 ・道頓堀、芝居茶屋と裏表、道頓堀のエロ女給、エロ町の灯、大阪私娼記など
●第三編「横浜歓楽郷案内」
 ・ハマの遊び場、本牧ガール、本牧に降る金、横浜山之手風景、海辺のエロ風景など
●第四編「神戸歓楽郷案内」
 ・波止場付近のガイド、港町の仙境、神戸のバラケツ、日曜の恋と登山
●神戸の明暗近代色
 ・朝鮮ガール、三の宮の巻、南京街のエロ、キングの巻、杭瀬の巻など
★特典! 大橋崇行(国文学者)の解説付き!

関連書

タグ:性風俗
タグ:酒井潔

ページの上部へ▲

タグ: