代表的鞭打小説奴隷祭【新装完全復刻版】

奴隷祭【新装完全復刻版】 代表的鞭打小説 Fêtes barbares, mœurs de l'État de Louisiane au milieu du XIXe siècle

ドン・ブランナス・アレラ 著, 酒井 潔 訳, 大橋 崇行 解説
四六判 / 262ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1994-1 C0097
奥付の初版発行年月:2014年02月 / 書店発売日:2014年02月20日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

「鞭打倶楽部」とは?そして、景品となる十六の赤毛の処女クララの運命は?
この破天荒すぎる小説は、発禁処分となったアノ『エロエロ草紙』の代替え企画です。コレも発禁されてはたまらないと、作者の酒井潔が、あくまでも翻訳ですと言い張って世に放った問題作。今、80年の時を経て、新装完全復刻版として平成の世に甦る!

●国立国会図書館でもデジタル公開されていない秘蔵本!

著者プロフィール

ドン・ブランナス・アレラ(アレラ,ブランナス,ドン)

Don Brennus Aléra
フランスのユーグ・ルベルといわれる作家。
30年にわたってこの種の小説を書き綴った。

酒井 潔(サカイ キヨシ)

1895〜1952年。大正末期から昭和初期にかけての
エロ・グロナンセンスを牽引した。
代表作に『エロエロ草紙』『悪魔学大全』など。
南方熊楠宅への訪問記などは広く知られる。
彼の仕事は、後の渋澤龍彦などに多大な影響を与えた。

大橋 崇行(オオハシ タカユキ)

1978年生。作家、ライター、国文学者。
上智大学大学院修了(修士)後、総合研究大学院大学修了。
博士(文学)。国文学研究資料館研究員を経て、
岐阜工業高等専門学校一般科目(人文)科助教。
著書に
『遥かに届くきみの聲  双葉文庫』
(大橋崇行 著、双葉社、2020年)、
『小説の生存戦略  ライトノベル・メディア・ジェンダー』
(大橋崇行、山中智省 編著、青弓社、2020年)、
『どうする?どうなる?これからの「国語」教育  
 大学入学共通テストと新学習指導要領をめぐる12の提言』
(共著、紅野謙介 編、幻戯書房、2019年)、
『浅草文豪あやかし草紙 メゾン文庫』
(大橋崇行 著、一迅社、2019年)、
『世にも奇妙なストーリー 影彷徨う町 5分後に起こる恐怖』
(共著、西東社、2018年)、
『西條八十集  人食いバラ 他三篇 少年少女奇想ミステリ王国1』
(大橋崇行 校訂、西條八十 著、芦辺拓 編、戎光祥出版、2018年)、
『世にも奇妙なストーリー 闇巣喰う町 5分後に起こる恐怖』
(共著、西東社、2018年)、
『司書のお仕事  お探しの本は何ですか? ライブラリーぶっくす』
(大橋崇行 著、小曽川真貴 監修、勉誠出版、2018年)、
『世にも奇妙なストーリー  百壁町の呪い 5分後に起こる恐怖』
(共著、黒史郎 責任編集、西東社、2017年)、
『文学研究から現代日本の批評を考える  
 批評・小説・ポップカルチャーをめぐって』
(共著、西田谷洋 編、ひつじ書房、2017年)、
『言語と思想の言説(ディスクール)  
 近代文学成立期における山田美妙とその周辺』
(大橋崇行 著、笠間書院、2017年)、
『レムリアの女神』
(大橋崇行 著、未知谷、2016年)、
『マンガ研究13講』
(共著、小山昌宏、玉川博章、小池隆太 編、水声社、2016年)、
『近代文献調査研究論集 国文学研究資料館研究成果報告書』
(共著、立命館大学・国文学研究資料館「明治大正文化研究」
 プロジェクト 編、人間文化研究機構国文学研究資料館、2016年)、
『ライトノベル・フロントライン 1~3』
(編著、青弓社、2015-2016年)、
『大正月光綺譚魔術少女あやね 1 月光遊技塲の地下室に罪人は棲む
 T-LINE NOVELS』
(大橋崇行 著、辰巳出版、2015年)、
『サブカル・ポップマガジン まぐま Private Brand 7
 アニメ・ヒロインと少女文化』
(共著、蒼天社、2015年)、
『桜坂恵理朱と13番目の魔女』
(大橋崇行 著、彩流社、2014年)、
『らぶ・ひるたァ 【特別限定復刻版】』
(大橋崇行 解説、酒井潔 著、彩流社、2014年)、
『日本歓楽郷案内【完全復刻版】』
(大橋崇行 解説、酒井潔 著、彩流社、2014年)、
『奴隷祭 【新装完全復刻版】』
(大橋崇行 解説、ドン・ブランナス・アレラ 著、酒井潔 訳、
 彩流社、2014年)、
『ライトノベルから見た少女/少年小説史  
          現代日本の物語文化を見直すために』
(大橋崇行 著、笠間書院、2014年)、
『ライトノベルは好きですか? ようこそ!ラノベ研究会』
(大橋崇行 著、雷鳥社、2013年)、
『ライトノベル・スタディーズ』
(共著、一柳廣孝、久米依子 編著、青弓社、2013年)、
『妹がスーパー戦隊に就職しました  スマッシュ文庫』
(大橋崇行 著、PHP研究所、2012年)、
『闇のファンタジー  ナイトメア叢書 7』
(一柳廣孝、吉田司雄 編著、青弓社、2010年)、
『ライトノベル研究序説』
(共著、一柳廣孝、久米依子 編著、青弓社、2009年)などがある。

目次

※まずは、コノ唖然ボーゼンする目次を見てください!

・第一章 「魅惑と雷鳴の下で」
 「人間の賭け物」「奇怪な勝負」「裏切って売る」
・第二章 「農園主邸の騒宴」
 「鞭打の手練」「生意気な奴隷の懲罰」「暖かい思ひ」
・第三章 「狂女の悲恋」
 「新らしい刺戟を追ふて」「奇想天外の計企」
・第四章 「裸美競艶」
 「美女の競争」「残酷な折檻」「敗者の厳罰」「困難な選択」
・第五章 「虐げられた処女」
 「人肉の相場」「弗に代へて」
・第六章 「大景品の公開」
 「女の二頭立」「狂女とブロンド女」「特志家の群集」
・第七章 「生きている壷」
 「赤字の番号」「狂女の駆る美人戦車」「車輪の下に踏みにぢらるる」

関連書

タグ:酒井潔

ページの上部へ▲

タグ: ,