苦難と援助の人間学人生福祉の根本問題

人生福祉の根本問題 苦難と援助の人間学

杉本 一義 著
A5判 / 424ページ / 上製
定価:4,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1968-2 C0037
奥付の初版発行年月:2014年01月 / 書店発売日:2014年01月07日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

人生福祉学とは「人間完成のための学」である。
人間としての生き方に重点を置いて、「苦難」と「援助」の人間学ともいうべき
人生福祉学の体系化を目指し、理論と実践の統合のもとに新時代の福祉のあり方、
その具体的実践方法、援助活動の向かうべき方向を探究する。

著者プロフィール

杉本 一義(スギモト カズヨシ)

1931年 福岡県に生まれる。
1958年 龍谷大学文学部卒業
1969 年~1970年 カルフォルニア大学、オックスフォード大学留学。
現在:弘前学院大学・大学院名誉教授、広島都市学院大学・
学術顧問、社会福祉法人宇治福祉園理事長。
主な著書に『養護原理』北大路書房(編著、2001)『児童福祉』北大路書房
(編著、2001)『人間福祉学入門』ぎょうせい(2001)
『人生福祉カウンセリング』駿河台出版社(2007)などがある。

目次

第一章 人生福祉の基本概念
第二章 人間形成の基本問題
第三章 教育福祉の実践家像
第四章 人生福祉の基礎理論
第五章 人生福祉の実践展開
第六章 人生福祉の実践展開
第七章 人生福祉と人生四季

関連書

ページの上部へ▲