日本のソロー・野澤一の詩と人生森の詩人

森の詩人 日本のソロー・野澤一の詩と人生

野澤 一 著, 坂脇 秀治 編
四六判 / 160ページ / 上製
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-7791-1956-9 C0092
奥付の初版発行年月:2013年12月 / 書店発売日:2013年12月19日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

お知らせ

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

内容紹介

山梨県四尾連(しびれ)湖畔の小屋にひとり暮らし、
詩と詩作に明け暮れた青年がいた……
《日本のソロー》野澤 一はじめの『木葉童子詩経』から
素朴で澄明な、心優しい詩をセレクション。

1904(明治37)年生まれの野澤一は、法政大学在学中にヘンリー・D・ソローに触発され、山深い湖畔での独居生活を実践。
野山をかけ、生き物を慈しみ、思索し、そして詩を詠んだ。高村光太郎への200 通に及ぶ手紙でも一部に知れられる稀有な詩人の、知られざるひととなりの詳しい解説をも付す。

著者プロフィール

野澤 一(ノザワ ハジメ)

1904(明治37)年生まれ。24 歳のとき、四尾連湖で生活するために法政大学を中途退学。5 年近くの独居生活を経て東京に戻り、
湖畔在住中に書きためた詩約200 篇をまとめ『木葉童子詩経』と題し自費出版。1945(昭和20)年、終戦をみることなく41 歳の若さで病没。

坂脇 秀治(サカワキ シュウジ)

1955 年兵庫県生まれ。週刊誌記者、出版社勤務を経てフリーエディターに。

関連書

タグ:詩集

ページの上部へ▲

タグ: