日本古代成立の正体を知る古代 七つの金石文

古代 七つの金石文 日本古代成立の正体を知る

林 順治 著
四六判 / 225ページ / 上製
定価:2,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1936-1 C0021
奥付の初版発行年月:2013年09月 / 書店発売日:2013年09月18日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

“歴史の真実は現れるために隠れている”── 偶然に見つかって奇跡的に出土した七つの金石文
(金属や石などに記された文字資料)のメッセージ。その読み方で古代史像は大きく変わる。
“似たる共通の運命をもつ七つの金石文”によって日本古代史のいかなる驚くべき秘密が明ら
かされたのか、一連のつながりとして「七つの金石文」による物語を提供する。

版元から一言

神保町の書泉グランデ4階の日本史コーナーに「林順治」棚が誕生しました!!
林順治の著書がたくさん陳列されております。
ご興味のある方はぜひ神保町に足を運ばれた際には、書泉グランデ4階へ!!

書泉グランデ
http://www.shosen.co.jp/grande/
住所 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3-2
TEL 03-3295-0011
営業時間 10:00~20:00(金曜日のみ10:00~21:00)
定休日 年中無休
最寄り駅 都営三田線・都営新宿線 神保町駅

著者プロフィール

林 順治(ハヤシ ジュンジ)

著作に『日本人の正体』(三五館)、『八幡神の正体』、『馬子の墓』他多数。

目次

<はじめに> 歴史の真実は現れるために隠れている
第一章 七支刀と倭王旨=崇神
 1 藤原不比等と太安万侶
 2 神功皇后=卑弥呼か
 3 倭王「旨」とはだれか
 4 だれが三角縁神獣鏡を作ったか
第二章 好太王碑文の高句麗と倭
 1 高句麗王談徳こと広開土王
 2 楽浪・帯方郡の解放者乙弗
 3 碑文は改竄されなかった
 4 好太王碑文と倭
第三章 隅田八幡鏡の「日十大王」
 1 考古学者高橋健自
 2 神人歌舞画像鏡とはどんな鏡か
 3 「癸未年」論争
 4 伝世か埋納か、運命の鏡
第四章 百済武寧王陵と墓誌
 1 武寧王陵の発見と墓誌=買地券
 2 武寧王=斯麻の出自
 3 『三国史記』の虚構
 4 武寧王と継体天皇
第五章 稲荷山鉄剣銘文とワカタケル大王
 1 埼玉古墳群
 2 鉄剣銘文はいかに読まれたか
 3 継体天皇は応神の弟だった
 4 欽明天皇=ワカタケル大王
第六章 船氏王後墓誌と百済人
 1 「斯鬼宮」は藤井寺市総社にあった
 2 大和川と石川の合流地点
 3 船氏王後は百済人であった
 4 出土地松岳山古墳群)
第七章 壺碑こと多賀城碑とエミシ
 1 芭蕉と曾良が見た壺碑
 2 壺碑≒多賀城碑はだれによって発見されたか
 3 何処にあったのか壺碑
 4 多賀城碑とエミシ

関連書

タグ:林順治

ページの上部へ▲

タグ: ,