境界から検証する近代のまなざし英語圏女性作家のジェンダー・エスニシティ表象

英語圏女性作家のジェンダー・エスニシティ表象 境界から検証する近代のまなざし

和泉 邦子 編著
四六判 / 324ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1883-8 C0098
奥付の初版発行年月:2013年05月 / 書店発売日:2013年05月01日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

近代国家と近代核家族のパフォーマンスへの批判的洞察!
ジェンダー/セクシュアリティ表象、日系というエスニシティ表象、メキシコ及びアメリカとカナダのエスニシティ表象…。
「〈女〉が置かれた構造的他者という位置ゆえに生ずる矛盾と葛藤、挫折や怒りといった生の軌跡を文学ジャンルほど、豊かに示している歴史資料はない。ことに、英語圏文学は、十九世紀の覇者たる大英帝国と二十世紀に覇権の位置についたアメリカとその両帝国との被植民地的関係性の物語が背景を彩っている。」(「はじめに」より)

著者プロフィール

和泉 邦子(イズミ クニコ)

金沢大学教授。

目次

 主な収録内容

はじめに 和泉邦子 

第一章 十九世紀とジェンダー・エスニシティ表象――ストウ、ジェイコブズ、オルコット

1/共和国アメリカの公母――『アンクル・トムの小屋』の国民化物語における人種と「性/ジェンダー」の表象   和泉邦子 
2/カラー・ラインは超えられるのか? ――『アンクル・トムの小屋』と『ある奴隷娘の生涯で起こった出来事』における人種と「ジェンダー/セクシュアリティ」の再構築   和泉邦子 
3/シスターフッド構築のオルターナティヴ・ヴィジョンに向けて――『若草物語』と『仕事』を「分けるもの/繋ぐもの」   和泉 邦子 

第二章 近代化とジェンダー・エスニシティ表象――ウルフ、ポーター、ヒサエ・ヤマモト、キングストン

4/セクシュアリティと死をめぐる語り――『ダロウェイ夫人』におけるレズビアン・サブテクストの表象   和泉 邦子 
5/エスニシティによせるロマンティシズムの崩壊――ポーターの「マリア・コンセプシン」、「花咲くユダの木」、「農園」再読   中根 久代 
6/ジェンダー・エスニシティ表象と多重抑圧構造――ヒサエ・ヤマモトの『十七文字』を読み直す   小松 恭代 
7/『アメリカの中国人』におけるマスキュリニティ表象――中国系アメリカ人男性の歴史再構築をめぐって   中根 久代 

第三章 グローバリゼーションとジェンダー・エスニシティ表象――コガワ、シンシア・カドハタ、ジュリー・オオツカ、アトウッド  

8/『エミリ・カトウ』が表象するエスニック・ハイブリッド性の意義――前作『イツカ』を絡めつつ   中根 久代 
9/日系三世のエスニック・プライド――『フローティング・ワールド』をリドレス運動との関連で読む   小松 恭代 
10/同化から多文化共生へ――9・11以後の現在から日系アメリカ文学における強制収容表象の変容を読む   小松 恭代 
11/近代における〈生〉と〈性〉の物語をグローバルに問い直す――『浮かびあがる』におけるボディ・ポリティックスとエコ・フェミニズムへの旋回   和泉邦子 
あとがき
 

関連書

ページの上部へ▲

タグ: