翻訳が拓く新たな世紀翻訳論とは何か

翻訳論とは何か 翻訳が拓く新たな世紀

早川 敦子 著
四六判 / 294ページ / 上製
定価:2,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1871-5 C0090
奥付の初版発行年月:2013年04月 / 書店発売日:2013年04月01日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

新しい研究領域として文化批評を活性化させてきた「翻訳論」は、
現在、どのような展開を遂げているのか──

言語は「他者」にどう関わるのか、「他者」と「主体」の問題に、
ポストコロニアル批評と翻訳学はどう関わってきたのか──
他の批評理論も絡めながら、多様な「翻訳論」を紹介し、モダニズム後の
言語文化と歴史意識が「翻訳論」とどのような相互関係にあるのかを読み解く。
さらに「歴史」の再読を「自己翻訳」として拓いたホロコーストの言説を取り上げ、
「世界文学」とは何かを提示する。

版元から一言

13 年1 月27 日(日)「ポスト3.11 の道標をさがして」(津田ホール・無料)
第1 部リレートーク出演:早川敦子+萱野稔人+和合亮一 開催!

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

早川 敦子(ハヤカワ アツコ)

翻訳家/津田塾大学英文学科教授。
専門は20世紀から現代にいたる英語圏文学、翻訳論。

◉著書等:
『歴史との対話――十人の声』
(神宮輝夫、早川敦子 監修、近代文芸社、2002年)、
『〈終わり〉への遡行──ポストコロニアリズムの歴史と使命』
(共著、英宝社、2012年)、
『世界文学を継ぐ者たち――翻訳家の窓辺から』
(集英社新書、集英社、2012年)、
『吉永小百合、オックスフォード大学で原爆詩を読む』
(集英社新書、集英社、2012年)、
『子どもの本がつなぐ希望の世界――
     イェラ・レップマンの平和への願い』
(日本国際児童図書評議会40周年記念出版委員会 編、
 早川敦子・板東悠美子 監修、彩流社、2016年)ほか
◉訳書:
エリナー ファージョン
『想い出のエドワード・トマス――最後の4年間』
(早川敦子 訳、白水社、1993年)、
ローズマリ サトクリフ『はるかスコットランドの丘を越えて』
(早川敦子 訳、ほるぷ出版、1994年)、
A. A. ミルン『こどもの情景』
(パピルス、1996年)、
アーヴィン ウェルシュ『マラボゥストーク』
(早川敦子、アンナ ピンスキー 訳、スリーエーネットワーク、1997年)、
エレン・チェスラー『マーガレット・サンガー 嵐を駆けぬけた女性』
(日本評論社、2003年)、
ブライアン・シブリー『クマのプーさんの世界』(岩波書店、2003年)、
ハロルド・ジョーンズ『うさぎのぴょんのクリスマス』
(早川敦子 訳、徳間書店、2004年)、
リュート・ファン・デア ロール、メンノ メッツェラー、
エリック ヒューフェル
『マンガで学ぶナチスの時代 1 ある家族の秘密 2 真実をさがして』
(早川敦子 訳、汐文社、2009年)、
エヴァ・ホフマン『記憶を和解のために──第二世代に託された
                       ホロコーストの遺産』
(みすず書房、2011年)、
ロジャー・パルバース『驚くべき日本語  知のトレッキング叢書』
(集英社インターナショナル、2014年:集英社文庫、集英社、2020年)、
エミリー・R. グロッショルツ『こどもの時間――Childhood』
(早川敦子 訳、クルミド出版、2015年)、
『第二楽章 福島への思い』
(吉永小百合 編、早川敦子 ほか訳、スタジオジブリ、2015年)、
 マイケル ボンド・エミリー サットン
『人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし』
(早川敦子 訳、徳間書店、2016年)、
エヴァ・ホフマン『希望の鎮魂歌――ホロコースト第二世代が訪れた
                      広島、長崎、福島』
(早川敦子 編・訳、岩波書店、2017年)、
マイケル・ボンド、エミリー・サットン
『人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん』
(早川敦子 訳、徳間書店、2019年)、
エヴァ・ホフマン『時間』
(早川敦子 監訳、柳田利枝 ほか訳、みすず書房、2020年)ほか

目次

序章

第I章 文化批評としての「翻訳」
      ──ポストコロニアル批評と翻訳論
 1 多様性と越境のダイナミズム──翻訳論の現代的展開
   ◉スーザン・バスネットからガヤトリ・C・スピヴァクまで
 2 翻訳による植民化・脱植民化──共犯と批評の展開
   ◉ダグラス・ロビンソン
 3 異質性がせめぎ合う「コンタクト・ゾーン」──翻訳の磁場
   ◉シェリー・サイモン、ミカエラ・ウルフ
 4 時間軸と空間への介入──「普遍性」に対峙する文化「翻訳」
   ◉ホミ・バーバ
 5 翻訳者の立ち位置──翻訳の歴史の「読解」
   ◉ローレンス・ヴェヌーティ

第Ⅱ章 再・読/記述としての「翻訳」
      ──モダニズム後と歴史の解体
 1 再記述としての翻訳
   ◉アンドレ・レフェヴェール
 2 「再読」から「再翻訳」へ
   ◉テジャスウィニィ・ナイランジャナ
 3 インターテクスチュアリティとしての翻訳──バベル神話の崩壊
   ◉ジャック・デリダ
 4 歴史の「再読」──ディコンストラクションと翻訳論
   ◉スピヴァクのデリダ解読と翻訳

第Ⅲ章 「他者」を語る言説
      ──「物語」への注視
 1 ナラティヴ論の転回と「大きな物語」の解体
   ◉ヘイデン・ホワイト、ポール・リクール、
    ジャン=フランソワ・リオタール
 2 歴史意識に協働する「記憶」
   ◉ティム・ウッズ
 3 「ホロコースト」と歴史の記憶
     ──ポストモダニズムのナラティヴ
   ◉ロバート・イーグルストン
 4 ホロコースト言説への助走──「痕跡」の記憶
   ◉エマニュエル・レヴィナスとデリダ

第Ⅳ章 忘却への抵抗
      ──ホロコーストを語る自伝
  1 「ホロコースト文学」という言説
  2 ホロコースト「その後の生」と自伝──「不在」を語る言説
  3 表象の解体──「他者」へのまなざしが向かうところ
  4 「時間」への応答──「記憶」の主体

第Ⅴ章 世界文学とは何か
      ──越境のアポリアを超えて
 1 自身を語ること
   ◉アン・ホワイトヘッド、ローラ・マーカス
 2 他者を語ること
   ◉クリストファー・ビグズビィ、ベラ・ブロズキ
 3 未来への記憶と翻訳
   ◉V. ウルフ、ヴァルター・ベンヤミンからリクールへ
 4 世界という言説
   ◉ティム・パークス、デイヴィッド・ダムロッシュ

結び

関連書

ページの上部へ▲