消えゆく「蒸機」風景 最後の記録中国最后的火車

中国最后的火車 消えゆく「蒸機」風景 最後の記録

小竹 直人 写真・文
A4 / 95ページ / 上製
定価:5,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1849-4 C0072
奥付の初版発行年月:2012年12月 / 書店発売日:2012年12月05日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

世界最後の【現役】蒸気機関車の貴重な記録

かつて「蒸気機関車の宝庫」と称され、全盛期には、7千両も活躍していた
中国の蒸気機関車もいまや数十両を残すほどに激減。
近代国家へと躍進する中国から、もうすぐ失われようとしている
「けむりある鉄路風景」。
20年以上にも亘り、中国の機関車を撮影してきた著者が、
鉄道写真としての魅力はもちろん、都市や交通網の近代化を支えてきた農村、
炭鉱区に生きる人々を記録し、蒸気機関車の歴史における最後の1ページ
を飾る写真集として、日本、世界中のSLファンに贈る。

版元から一言

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

著者プロフィール

小竹 直人(コタケ ナオト)

1969年新潟県生まれ。写真家。
1990年から中国取材をはじめ、これまでに70回中国を訪れている。
新聞、週刊誌、写真雑誌を中心に写真、記事を多数寄稿。
近年では、全日空機内誌「翼の王国」の撮影も手掛けている。
2009年8月から北京愛普坊(EPSON)にて1ヶ月半にわたって
写真展「The Last Steam in China」を開催。
主な著書に『中国蒸気機関車の旅』(筑摩書房)、
『SLがゆく中国蒸気機関車の旅』(新潟日報事業社)、
『写真集「火車」』(東方出版)、『中国最後のSLガイド』(枻出版)
、『中国「蒸機」撮影紀行』(彩流社)などがある。

関連書

ページの上部へ▲