ケンブリッジの暮らしと想い出イギリスの四季

イギリスの四季 ケンブリッジの暮らしと想い出

石原 孝哉 編著, 市川 仁 編著, 伊澤 東一 編著, 宇野 毅 編著
四六判 / 240ページ / 並製
定価:1,800円 + 税
ISBN978-4-7791-1805-0 C0026
奥付の初版発行年月:2012年07月 / 書店発売日:2012年07月24日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

2012 年夏期オリンピック開催国・イギリス関連書!

四季の移り変わり、日々の暮らし、人の交流……イギリスを知ろう!
ケンブリッジ大学に在籍した研究者らでつくる「ケンブリッジ日本人会」の
面々がそれぞれに語る、生き生きとしたイギリス案内。 

『百万の心を持つ』と称されたのは文豪シェイクスピアであるが、
イギリス文化には百万の顔があるという。本書は、イギリスに長く滞在し、
生活の中からイギリス文化を身近に体験した執筆者が、それぞれの立場から
イギリスの実像に迫ったものである。四季折々に異なった顔を見せる
イギリスの魅力や、日常生活の中でイギリス人ふと見せる素顔などが
赤裸々に描かれている(編著者) 

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

◎紹介されました!(掲載情報についてはコチラ

著者プロフィール

石原 孝哉(イシハラ コウサイ)

駒沢大学外国語学部教授。

市川 仁(イチカワ ヒトシ)

中央学院大学法学部准教授。

伊澤 東一(イザワ トウイチ)

拓殖大学商学部教授。

宇野 毅(ウノ タケシ)

明治大学経営学部教授。2002-03年、ケンブリッジ大学客員研究員
並びにロンドン大学高等歴史研究所客員フェロー。著書等に
『英米事情ハンドブック』(共著、英潮社)
、『現代イギリスの社会と文化』(彩流社)など。

目次

◆目次◆
まえがき
第1 章 イギリスを語る
 1 はじめてのイギリス(下館和巳)
 2 遙かなるイギリス(宇野毅)
第2章 イギリスの四季を語る
 1 イギリスの四季(石原孝哉)
 2 四季の花を訪ねる(新田東洋彦)
第3章 イギリスの春を語る
 1 イギリスの春(石原孝哉)
 2 鳥が呼ぶ中世の春(河崎征俊)
第4 章 イギリスの夏を語る
 1 夢の仲間たち(伊澤東一)
 2 地ビール・フェスティバル(宇野毅)
第5 章 イギリスの秋を語る
 1 11月の赤いポピー(伊澤美環)
 2 ハッピー・ハロウィン(石原千登世)
第6章 イギリスの冬を語る
 1 冬のスケッチ(瀧珠子)
 2 ケンブジッリジの雪の日(時子山ひろみ)
第7章 イギリスの四季を暮らす
 1 子供たちの学校生活(橋本清一)
 2 イギリスの美しい四季にはぐくまれて(有馬隆博)
 3 冬の花火(吉馴明子)
 4 イギリスで気がついたこと(高山信雄)
 5 ケンブリッジの美容室事情(高野由美子)
 6 機械に依存した人間(笠井文生)
第8章 イギリスを訪ねる
 1 田舎町バンゲイに住むイギリス人夫婦を訪ねて(一色通三)
 2 ピーター・コリンウッド氏を訪ねて(市川雅子)
 3 田園のイングランド(大塚裕一)
 4 モリスの風(山口晴美)
 5 ピーターバラ大聖堂とキャサリン・オブ・アラゴン(福島昇)
 6 信仰の砦(市川仁)
第9章 ケンブリッジ追想
 1 ケンブリッジ肝移植・遊学の記(剣橋駿一)
 2 わがケンブリッジ追想(藤本昌司)
 3 ケンブリッジ生活の思いで(河内賢隆)
 4 キングズ・カレッジ・チャペル余談(伊澤東一)
第10 章 ケンブリッジの偉人たち
 1 ケンブリッジで会った偉人たち(神谷傳造)
 2 ニュートンとお金と税金(川田剛)
 3 トリニティ・カレッジとジョン・ハーバート(市川仁)

関連書

タグ:紀行

ページの上部へ▲

タグ: ,