とばりの彼方、ジェイコブ兄貴スペインのジプシー 他2編

ジョージ・エリオット全集 9
スペインのジプシー 他2編 とばりの彼方、ジェイコブ兄貴 THE SPANISH GYPSY,THE LIFTED VEIL and BROTHER JACOB.

ジョージ・エリオット 著, 前田 淑江 訳, 早瀬 和栄 訳, 大野 直美 訳, 玉井 暲 解説, 廣野 由美子 解説, 海老根 宏 監修, 内田 能嗣 監修
A5判 / 374ページ / 上製
定価:5,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1751-0 C0397
奥付の初版発行年月:2014年05月 / 書店発売日:2014年05月27日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

刊行再開!
スケールの大きい劇的な構成、 緻密に追求される登場人物の心の動き、
視野の広さと洞察の深さを両立させる圧倒的な描写力——
夏目漱石も愛読したという、19 世紀英国リアリズムを代表する女性作家ジョージ・エリオットの小説と詩をついに集成! 
名言がちりばめられ、読むほどに味わい深い作品世界がここに。
スペイン・アンダルシア地方を舞台とした、ジプシーの女王フェダルマの悲恋を描いたエリオット異色の劇詩
『スペインのジプシー』。大作『ダニエル・デロンダ』に含まれる多くの問題を先取りしている点でも重要な作品。
併録は、コントラスト際立つ二つの短篇(人間性に対するアイロニーを含んだミステリー仕立ての「とばりの彼方」
と、人間性の浅ましさに対する哄笑を響き渡らせた喜劇的色調豊かな「ジェイコブ兄貴」)。
ジョージ・エリオットを読まずして、英文学を語るなかれ!?

著者プロフィール

ジョージ・エリオット(エリオット,ジョージ)

Marianne Evans(George Eliot), 1819-1880
19世紀英国リアリズムを代表する作家。本名はマリアン・エヴァンズ(Marianne Evans)。
男性名のペンネーム『ウェストミンスター・レヴュー』誌の実質的な編集長を務め、小説、評論、詩などの執筆を行った。

前田 淑江(マエダ トシエ)

関西大学講師

早瀬 和栄(ハヤセ カズエ)

佛教大学非常勤講師

大野 直美(オオノ ナオミ)

東洋大学講師

玉井 暲(タマイ アキラ)

武庫川女子大学教授

廣野 由美子(ヒロノ ユミコ)

京都大学教授

ページの上部へ▲

タグ: