明清時代を中心としたデータの構築と研究中国と琉球 人の移動を探る

琉球大学 人の移動と21世紀のグローバル社会 IX
中国と琉球 人の移動を探る 明清時代を中心としたデータの構築と研究

赤嶺 守 編, 朱 徳蘭 編, 謝 必震 編
A5判 / 596ページ / 上製
定価:5,000円 + 税
ISBN978-4-7791-1678-0 C0020
奥付の初版発行年月:2013年04月 / 書店発売日:2013年04月01日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

明清代の中国へ琉球王国の進貢使節が頻繁に交流した。
当時の接貢・冊封・官生・漂流・漂着の詳細な記録!

琉球大学大学院人文社会科学研究科比較地域文化専攻(博士後期課程)は、海外の大学・研究機関と連携して5年計画(2008年~2012年)の共同研究プロジェクト「人の移動と21世紀のグローバル社会」を実施した。本著は中国台湾研究班が福建師範大学中琉関係研究所(福州市)・中央研究院人文社会科学研究センター(台北市)との協働で編集した明清時代を中心とした中国と琉球間の「人の移動」に関するデータと研究文献の目録である。

著者プロフィール

赤嶺 守(アカミネ マモル)

現職:琉球大学法文学部教授
主要著書・論文:
赤嶺守(2004)『琉球王国―東アジアのコーナーストーン』講談社
赤嶺守(2003)「王国の消滅と沖縄の近代」豊見山和行編『琉球・沖縄の世界』吉川弘文館
赤嶺守(1999)「清時代の琉球漂流民送還体制について―乾隆25年の山陽西表船の漂着事例を中心に」『東洋史研究』58-3

朱 徳蘭(シュ トクラン)

シュ トクラン
現職:中央研究院人文社会科学研究中心研究員、兼副主任、兼亜太区域研究専題中心執行長
主要著書:
朱徳蘭編著(2010)『新修桃園県志 交通志』桃園県政府
朱徳蘭(2009)『台湾慰安婦』五南図書公司
朱徳蘭(2005)『台湾総督府と慰安婦』明石書店

謝 必震(シャ ヒッシン)

シャ ヒッシン
現職:福建師範大学社会歴史学院系教授
主要著書:
謝必震著(2011)『福建史略』海洋出版社
謝必震著(2010)『中琉関係史料與研究』海洋出版社
謝必震著(2009)『台湾歴史與文化』海洋出版社

目次

中国と琉球 人の移動を探る

まえがき 赤嶺 守
1.清代琉球進貢使節派遣日程について 陳 碩炫 
表1 進貢船会験一覧表 
表2 福建伴送官一覧表 
表3 通過各省伴送官一覧表 
表4 琉球使節北京館舎一覧表 
表5 上表納貢期日一覧表 
表6 氷嬉観覧会一覧表 
表7 鴻臚寺演礼一覧表 
表8 鱘鰉魚下賜一覧表 
表9 重華宮筵宴一覧表 
表10 保和殿筵宴一覧表 
表11 皇帝謁見一覧表 
表12 皇帝送迎一覧表 
表13 紫光閣筵宴一覧表 
表14 円明園進貢日程一覧表 
表15 和詩関係一覧表 
表16 文廟参拝一覧表 
表17 下馬宴上馬宴一覧表 

2.明代琉球国派遣船一覧表について 山田 浩世 
表1 明代琉球国派遣船一覧表(1372~1463年) 
表2 明代琉球国派遣船一覧表(1463~1649年) 
表3 明代朝貢物別表(1425~1646年) 

3.明清時代渡唐人員表および清代接貢船・護送船等派遣日程表について
冨田千夏 
表1 明代渡唐人員表、清代渡唐人員表 
表2 清代接貢船派遣日程 
表3 清代護送船等派遣日程 

4.明清時代の琉球官生派遣年表について 前田 舟子 
  表1 明代琉球官生派遣年表 
  表2 清代琉球官生派遣年表 

5.明清時代における琉球民間船の中国漂着について 赤嶺 守 
  表1 明代琉球民間船漂着一覧 (渡辺美季) 
  表2 清代琉球民間船漂着一覧 (渡辺美季・劉序楓・赤嶺守) 
  表3 清代琉球漂着民変売品一覧表 (赤嶺守) 
6.「中国人・朝鮮人・出所不明の異国人」漂着民の処置をめぐって
渡辺 美季 
  表1 中国人・朝鮮人・出所不明の異国人漂着一覧 
7.琉球国王の冊封と関連史料について 赤嶺 守
  表1 冊封使渡来年表 (赤嶺守・童宏民) 
  表2 使琉球録版本一覧表(童宏民) 
  表3 「道光十八年戊戌冠船方諸帳」(尚家文書128号)(山田浩世) 
  表4 「同治五年丙寅冠船方諸帳」(尚家文書252号)(山田浩世) 
8.中琉関係史研究の動向と展望――史料の発掘と研究 赤嶺 守 
9.中文文献目録 
10.日文文献目録 
あとがき 赤嶺 守 

関連書

ページの上部へ▲

タグ: