その継承と世界へ拓く研究琉球・沖縄の芸能

琉球大学 人の移動と21世紀のグローバル社会 VI
琉球・沖縄の芸能 その継承と世界へ拓く研究

大城 學 編
A5判 / 307ページ / 上製
定価:3,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1675-9 C0020
奥付の初版発行年月:2012年04月 / 書店発売日:2012年04月12日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

越境し変容する琉球・沖縄の芸能のいま・・・人の移動により世界に伝播し、
拡散する琉球・沖縄芸能文化の現状と斬新な研究の視点が、今、ここに
提示される!
県外および海外において沖縄系人が琉球芸能とどのように向き合って
いるのか。彼らにとって琉球芸能はどのような役割を果たしているのか。
その関係者が一堂に会したシンポジウムの記録である。

著者プロフィール

大城 學(オオシロ マナブ)

現職:琉球大学法文学部教授。
主要著書:
大城學(2005)『沖縄の祭祀と民俗芸能の研究』砂子屋書房。
大城學(2000)『沖縄芸能史概論』砂子屋書房。
大城學(1996)『沖縄新民謡の系譜』ひるぎ社。

目次

カラー口絵  琉球古典音楽・琉球舞踊・沖縄民謡・
第1部 シンポジウム――海外における「沖縄の芸能」の現状と展望  
第1章 「人の移動と芸術」シンポジウム総括――踊番組・主演者の紹介  大城學
第2章 「人の移動と芸術」シンポジウム・ディスカッション
新垣徳吉/上運天・巌・ウェスリー/田中英機/幸喜良秀/コーディネーター:大城學 

第2部 県外・海外における「沖縄の芸能」と発信地・沖縄  
第3章 サンフランシスコにおける琉球舞踊の現状・課題・展望  新垣 徳吉 
第4章 アメリカにおける沖縄芸能の現状と課題  上運天・巌・ウェスリー/浜川仁訳 
第5章 県外における沖縄芸能公演の現状・課題・展望 ――国立劇場「琉球芸能公演」を  茂木仁史 
第6章 関西地区における沖縄の芸能――普久原朝喜と太平福丸レコード  仲間恵子 
第7章 インタヴュー:海外における〈沖縄の芸能〉の現状と展望  幸喜良秀/聞き手:大城學 

第3部 沖縄の芸能にみる人の移動  
第8章 近世琉球人が異国で観た芸能  大城學 
第9章 組踊にみる道行芸  大城學 
第10章 沖縄の船・航海・祭祀――説話と歌謡から  波照間永吉 
第11章 移民・出稼ぎと沖縄の芸能  大城學 
 

関連書

ページの上部へ▲

タグ: