歴史がつなぐ社会と民族ビザンツ、オスマン、そしてトルコへ

ビザンツ、オスマン、そしてトルコへ 歴史がつなぐ社会と民族

野中 恵子 著
四六判 / 308ページ / 上製
定価:2,500円 + 税
ISBN978-4-7791-1577-6 C0036
奥付の初版発行年月:2010年11月 / 書店発売日:2010年11月17日
 ※PayPalでのクレジット払いか代金引換着払いがご利用いただけます
※受注翌々日営業日までに発送します。地域によりますが、2~5日ほどでお届けします。International shipping is not available.
注文・返品などについて詳しくは「特定商取引法に基づく表示」のページをご確認ください。
 

内容紹介

EU加盟やクルド問題、ギリシャとの確執など、トルコが抱える諸問題はなぜ生まれ、どうなっていくのか。重層する歴史の縦軸を自在にたどって解き明かし、その行く末に思いを馳せる。トルコ知識人らのインタビュー13篇も収録。

版元から一言

(社)日本図書館協会 選定図書

著者プロフィール

野中 恵子(ノナカ ケイコ)

1965年高知県生まれ。関西学院大学文学部卒。在学中の“開眼の地”としてのトルコ渡航を機に、その現代事情と歴史をテーマにし、現場からの考査を重視した執筆活動を続ける。映画を中心に、トルコ文化関連の仕事にも携わる。著書に『寛容なる都 コンスタンティノープルとイスタンブール』(春秋社)、『最後のローマ皇帝 大帝ユスティニアヌスと皇妃テオドラ』(作品社)、『世界遺産 イスタンブール歴史の旅』(共著、小学館)、『「対テロ戦争」とイスラム世界』(共著、岩波書店)、『ドイツの中のトルコ 移民社会の証言』(柘植書房)他。現在、慶應義塾大学文学部非常勤講師、NHKワールドニュース「トルコTRT」通訳者等。

関連書

タグ:トルコ史
タグ:紀行

ページの上部へ▲

タグ: ,